ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム「LTE-M」対応のIoT 向けSIM を子ども見守りサービス「soranome」に提供開始

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:峯村竜太 以下、当社)は、株式会社グローバルコネクション(本社:埼玉県、代表取締役社長:朴永虎)が2020 年3 月2 日(月)より販売開始する位置情報(GPS)を使用した子ども見守りサービス「soranome(ソラノメ)」に、IoT サービス向け通信方式「LTE-M」に対応したSIMの提供を行います。

「LTE-M」は、従来と比較して省電力でより広域をカバーすることのできる通信方式であるセルラーLPWA(Low Power Wide Area)の一つであり、見守りサービス等で位置情報(GPS)を必要とするIoT 機器の通信に適しています。

◆子ども見守りサービス「soranome」とは
「soranome」は位置情報(GPS)端末を使用した子ども見守り用サービスで、大切な家族の居場所をスマホのアプリで確認することができます。端末は小さくて軽いのでお子様の負担にならず、ランドセルの中に入れておくだけで、いつでも居場所が分かり安心。学校などの指定エリアに到着したときには、スマホにメッセージで通知してくれるので、ずっと画面を見ている必要もありません。あなたに代わって大事な家族を見守ります。


・「soranome」公式Web サイト: http://soranome.net/
・株式会社グローバルコネクション: https://globalconnexion.jp/

◆今後の展開について
当社は、今後もIoT 向け通信サービスをより多くの法人のお客様に提供してまいります。今回提供する「LTE-M」に対応した通信サービスは、従来のLTE 通信と通信方式が混在する法人のお客様でも、同一のSIM カードで利用が可能なため、IoT 事業における様々な利用シーンや用途における選択幅も拡がります。

【ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社について】
当社は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が2013 年4 月に開始したMVNE 事業を、2019 年5 月に継承しました。NTT ドコモ回線、au 回線、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応したMVNE サービスに加えて、様々なIoT サービスを支える基盤となる通信のプラットフォームサービスを提供していく方針です。

詳細はサービスページを参照ください。
https://www.sonynetworksmartplatform.co.jp/iot_m2m/index.html

※記載されている商品名、会社名等は各会社の商号、商標または登録商標です。


<参考情報>
             【IoT 向けデータSIM 無償利用受付について】

当社では、IoT の活用を検討するお客様が手軽にIoT 向け通信を試すことができるよう、現在、IoT サービス向けビジネスを展開する法人や、自社でIoT サービスを活用する法人のお客様、また、IoT サービスをご検討中のお客様に向けて、無償でご利用いただけるデータ専用SIM を配布しています。(数量及び期間限定)

※詳細は以下を参照ください
https://www.sonynetworksmartplatform.co.jp/campaign_freesim.html

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 >
  3. ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム「LTE-M」対応のIoT 向けSIM を子ども見守りサービス「soranome」に提供開始