プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ヒューマンホールディングス株式会社
会社概要

建設技術者となる大学新卒者は、10年間で1.7倍に増加 女性の就職者は10年で2.5倍と、女性比率も上昇

~『建設HR』 建設業界の人材市場動向レポート2022年1月~

ヒューマン

総合人材サービス会社のヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢、以下「当社」)が運営する、建設人事のお悩みに寄りそうオウンドメディア『建設HR』は、大学新卒で建設技術者として就職する学生数について調査し、『建設HRマンスリーレポート 2022年1月』 として公開しました。調査の結果、建設技術者として就職した大学新卒者が10年間で1.7倍に増加、新卒女性の就職者も10年で2.5倍となり、建設技術者職として働く若者層および女性が増えている実態がわかりました。
【本件のポイント】
●建設技術者として就職する大学新卒者は増加傾向、10年間で約1.7倍と若者層の就職者が増える
●新卒女性の就職者も10年で2.5倍に増加、女性比率も上昇
●建設業界全体で積極的な新卒者の採用と女性活用推進に向けた労働環境の整備が寄与と推察

※本レポートは、文部科学省「学校基本調査」のデータを基に調査をしています。
レポートの全文は『建設HR』にてご覧いただけます。閲覧には無料会員登録が必要です。
URL: https://kensetsu-hr.resocia.jp/limited/monthly_202201


■大学新卒で建設技術者として就職する学生数は過去10年間で約1.7倍に増加
大学新卒で建築・土木・測量技術者(以下、建設技術者)として就職した学生数について、過去10年間の推移をみると、2012年卒の8,213人から2019年卒の13,051人まで8年連続で増加しました(図表1)。2020年は東京オリンピック・パラリンピック関連の建設需要が落ち着いたこともあり、12,539人(前年比3.9%減)となりましたが、2021年は再び増加に転じて13,837人(同10.4%増)となるなど、この10年間で約1.7倍になりました。このことから大学新卒で建設技術者として就職する学生数は増加傾向にあることが分かります。

【図表1. 大学新卒で建設技術者として就職した学生数の推移】

文部科学省「学校基本調査」より作成文部科学省「学校基本調査」より作成


■大学新卒で建設技術者として就職した女性は、過去10年で約2.5倍増
大学新卒で建設技術者として就職した女性は、2012年卒の1,268人から上昇傾向が続き、2021年卒では3,232人になるなど、10年間で約2.5倍となりました(図表2)。新卒就職者に占める女性の割合も2012年卒の15.4%から2021年卒では23.4%になるなど、10年間で8.0ポイント上昇しており、建設技術職を希望する女性が増えてきていることがわかります。

【図表2. 大学新卒で建設技術者として就職した女性数の推移】

文部科学省「学校基本調査」より作成文部科学省「学校基本調査」より作成


■建設技術者不足解消に向けて、積極的な働き方改革の推進が重要
建設業各社は厳しい人材不足が続く建設技術者を確保するために、人材の大きな供給源となっている大学新卒者の獲得に精力的に取り組んでいることが推察されます。また、建設技術者として就職する女性が増加している背景には、建設業界全体で、女性活用推進に向けた労働環境の整備などが積極的に進められていることがあると考えられます。
建設技術者は他産業と比較しても高齢化が著しく進んでおり、若者の確保は喫緊の課題になっています。今後ますます人材確保が難しくなることが懸念される中、給与アップや週休2日制導入、長時間労働の是正、リモートワークの戦略的導入など積極推進よる就業環境整備も重要といえるでしょう。


<公的データからみる最新の建設業界の雇用関連トピックス:2021年11月>
■就業者数/雇用者数ともに、7カ月連続前年同期比で減少
2021年11月の建設業の就業者数と雇用者数の推移をみると、建設業の就業者数は471万人(前年同月比92.3%)、雇用者数は383万人(同92.3%)で、前年同月比でともに7カ月連続減少しました(図表3)。

【図表3. 建設業の就業者数と雇用者数の推移】

総務省「労働力調査」より作成総務省「労働力調査」より作成


■新規求人数は、12カ月連続で前年同期比を上回る
公共職業安定所(ハローワーク)における新規求人数は68,022人(同106.6%)と前年同月比で12カ月連続増加しました(図表④)。

【図表④ 建設業の新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く)】

厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成

 
【本レポートの全文はこちらから】建設HR Monthly Report (2022年1月)
建設技術者と建設技能工の雇用動向の他、主要な雇用環境指標の推移や職業別有効求人倍率の推移など、
2021年11月の雇用関連データをまとめたレポートの全文は以下からご覧いただけます。
https://kensetsu-hr.resocia.jp/limited/monthly_202201
建設HRは、クライアントをはじめとした各種企業のよりよい人材獲得につながる資料提供を目的に、
公的なデータを集計してまとめた当レポートを、毎月発表しています。(レポート閲覧は会員登録が必要です)
【会員登録はこちらから】 https://kensetsu-hr.resocia.jp/user_register/


<建設HRとは>

『建設HR』は、「建設人事のお悩みに圧倒的熱量で寄りそう」をコンセプトに掲げるメディアです。人材動向を中心とした市場動向、独自調査、リーダー等のインタビュー、働き方を変えていくための人事やDX事例紹介等、建設業界に関わるさまざまな情報発信をしています。
●建設HR WEBサイト: https://kensetsu-hr.resocia.jp

<ヒューマンリソシアについて>

総合人材サービス会社として、人材派遣、人材紹介、業務受託サービスを全国27拠点で展開しています。1988年創業以来、教育事業をバックボーンに多彩なサービスを展開するグループの総合力を活かし、「人材」に関する幅広いサービスを提供しています。
●ヒューマンリソシアWEBサイト: https://resocia.jp

<ヒューマングループについて>
ヒューマングループは、教育事業を中核に、人材、介護、保育、美容、スポーツ、ITと多岐にわたる事業を展開しています。1985年の創業以来「為世為人(いせいいじん)」を経営理念に掲げ、各事業の強みを生かし、連携しながらシナジーを最大限に発揮する独自のビジネスモデルにより、国内300拠点以上、海外8カ国13法人のネットワークでお客様に質の高いサービスを提供しています。
●ヒューマンホールディングスWEBサイト: https://www.athuman.com/

 

ヒューマンリソシア株式会社 会社概要 ------------------------------

●代表者:代表取締役 御旅屋 貢
●所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア1F
●資本金:1億円
●コーポレートサイトURL:https://resocia.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://kensetsu-hr.resocia.jp
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ヒューマンホールディングス株式会社

58フォロワー

RSS
URL
https://www.athuman.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア1階(旧 西新宿木村屋ビル)
電話番号
03-6846-8002
代表者名
佐藤 朋也
上場
東証スタンダード
資本金
12億9990万円
設立
2002年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード