ディープラーニングを用いたAIモデル開発コンテスト・第2回開催について

~「Neural Network Console」を使ってAudiostockの音声データ解析に挑戦~

 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、株式会社レッジが主催するディープラーニングを用いたAIモデル開発コンテスト「Neural Network Console Challenge sponsored by Audiostock(以下、NNC-Challenge)」に、当社が提供するディープラーニングのプログラムを生成できるAI開発ツール「Neural Network Console」を技術提供します。


 「NNC-Challenge」は、企業データと「Neural Network Console」を利用して新しいAI 開発モデルを募集するオンラインコンテストです。今年3月に開催された第1回コンテストでは、デジタル画像・動画等のマーケットプレイス「PIXTA」(運営:ピクスタ株式会社)が提供する10,000 点の人物画像データをデータセットとして利用し、227名の参加者がそれぞれのAIモデル開発を行いました。

 第2回となる今回のコンテストは、日本最大級のロイヤリティフリーBGM・効果音ストックサービス「Audiostock」(運営:株式会社オーディオストック)のデータ提供により、9月16日から10月19日の期間で開催されます。参加者は、Audiostockから提供される約10,000点の音声データを用いて、ディープラーニングに挑戦できます。

 昨今、AI 市場は急速に成長し、多種多様な産業に応用対象が拡大しています。ビジネスの現場においてもAI の実用化の可能性が期待されており、より実践的な活用方法が求められています。

 当社は、今回のコンテストを通じて、AI 開発における優れたアイデアを発掘し、AI の実践的なユースケースを創出することを目指しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            AI モデル開発コンテスト「NNC-Challenge」 概要
​━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ コンテスト名:Neural Network Console Challenge sponsored by Audiostock(NNC-Challenge)
■ 主催 : 株式会社レッジ
■ 協賛 : ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、株式会社オーディオストック
■ コンテスト内容 : Neural Network Console を使ったAudiostockの音声データの自動分類
■ コンテスト募集期間 : 2020 年9 月16 日(水)~2020 年10 月19 日(月)
■ コンテスト応募条件 : 特になし(団体参加も可能。詳細は以下のページを参照ください。)
■ コンテスト応募方法/詳細ページ :http://nnc-challenge.com
■ 表彰 : 最優秀賞:10 万円、NNC 賞:3 万円、Ledge.ai 賞:3 万円

※「NNC-Challenge」は2回目の開催となります。第1回の受賞者や受賞作品は以下を参照ください。
   https://ledge.ai/nnc-challenge-pixta-report/

【Neural Network Consoleについて】
コーディング無しでディープラーニング(深層学習)を用いた高度なAI開発を実現するAI開発ツールです。ブラウザ上で動作し、直感的なユーザーインターフェースが特徴です。ニューラルネットワークの構造を視覚的に確認しながら、ドラッグ&ドロップ等の操作で設計、学習、評価を行うことができます。予め用意された関数を組み合わせてニューラルネットワークのモデルを構築でき、学習したモデルの履歴を管理、性能比較まで同環境で行えるため、開発効率を大幅に向上できます。
https://dl.sony.com/ja/

※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

                                             以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 >
  3. ディープラーニングを用いたAIモデル開発コンテスト・第2回開催について