「(仮称)浅草雷門二丁目ホテル計画」着工(ニュースリリース)

ファミリー・グループ宿泊ニーズに対応した都市型アパートメントホテルとして2021年春開業予定

 三菱地所株式会社はこのほど、東京メトロ「浅草」駅徒歩1分において「(仮称)浅草雷門二丁目ホテル計画」の新築工事に着手いたしました。竣工後は、株式会社コスモスイニシアが建物を賃借し、都市型アパートメントホテルを2021年春に開業する予定です。
 本計画地は、東京メトロ銀座線のほか、都営地下鉄浅草線、東武伊勢崎線の浅草駅より徒歩1~3分の好立地に位置しており、4路線が利用可能です。浅草の観光スポットである浅草寺・雷門や東京スカイツリーなど多くの観光資源が近在しているほか、江戸通り沿いに位置しており、浅草最大の交差点でもある吾妻橋交差点からも視認性の高いロケーションです。

 コスモスイニシアは、‟暮らすように滞在する”をコンセプトに、訪日外国人旅行者などファミリー・グループでの中長期滞在ニーズに対応した都市型アパートメントホテル「MIMARU(ミマル)」を2018年2月から展開。現在、上野や赤坂、銀座、京都などにおいて12施設を開業・運営しており、旅行口コミサイトなどでも高い評価を得ています。
 なお、「(仮称)浅草雷門二丁目ホテル計画」は、「MIMARU」シリーズとして浅草エリアに初出店となります。

 今後も、三菱地所は、訪日外国人観光客の増加などに伴う旺盛な宿泊ニーズ及び多様な宿泊形態に応えるべく、三菱地所グループである株式会社ロイヤルパークホテルズ アンド リゾーツをはじめ、国内外のホテルオペレーターと連携し、ホテルマーケットの動向や立地特性等に応じて幅広いカテゴリーのホテル開発に積極的に取り組んで参ります。
 コスモスイニシアは約40㎡の広い室内でご家族がゆっくりお過ごしいただける空間・サービスを提供し、日本での新たな滞在スタイルを提案しています。世界中の人々に日本での宿泊を通じて最高の体験と喜びを提供するため、お客さまとの会話を大切にし、各ホテルで様々な取り組みを行って参ります。

 ■都市型アパートメントホテル「MIMARU」の特徴
✔ 約40㎡の広い客室で家族やグループでの宿泊が可能
✔ 中長期でも快適に過ごせるよう全客室にキッチン・調理器具を完備し、ランドリー機能を用意
✔ フロントスタッフは日本語・英語対応、13カ国語対応の通訳アプリも導入

※対応言語:英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、フィリピン語、タイ語、フランス語、 ネパール語、ヒンディー語、ロシア語、インドネシア語

 

■(仮称)浅草雷門二丁目ホテル計画の概要
所在地:東京都台東区雷門2-8-5 他(地番)
用途:ホテル(51室)・店舗
敷地面積:386.74㎡
延床面積:2865.81㎡
規模:鉄骨造、地上11階建
着工:2019年12月
竣工:2021年3月(予定)
設計・施工:村中建設株式会社
客室数:51室
客室面積:34.89~53.50㎡(予定)
開業時期:2021年春(予定)
運営会社:株式会社コスモスホテルマネジメント
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「(仮称)浅草雷門二丁目ホテル計画」着工(ニュースリリース)