10/12(水)無印良品新シリーズ 「ポーランドでつくったスープ」6種発売のお知らせ

ポーランドの食文化「食べるスープ」を商品化

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、“ポーランドでつくったスープ”を10月12日(水)から全国の無印良品およびネットストアで6種類発売します。ポーランドでは米やパスタ、豆などを入れた「食べるスープ」が主流で、その食文化を日本に紹介するべく商品化しています。


■ 野菜をベースにした豆や米が入った食べるスープ
 無印良品では世界の国や地域の食文化を取り入れて商品開発を行っています。今回は無印良品の新しいシリーズとしてポーランドの家庭で食べられているスープを商品化しました。ポーランドでは、バランスよく栄養を摂ることができる食事として麦やトマトなどの野菜をベースにしたスープに米やパスタ、豆などを入れて食べています。スープを食べる文化が根づいたポーランドの中でも代表的なものを中心に6種類を揃えました。全体450gとスープの量が多いため食事のメインとしたり、サイドメニューとして2人で分け合ったりできます。温めるだけで手軽にお楽しみいただけます。

◇ 商品ラインナップ

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社良品計画 >
  3. 10/12(水)無印良品新シリーズ 「ポーランドでつくったスープ」6種発売のお知らせ