プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

STマイクロエレクトロニクス
会社概要

STマイクロエレクトロニクス、柔軟性に優れた最新の大電流モータ・ドライバ「STSPIN9シリーズ」を発表

STSPIN948(4.5A)およびSTSPIN958(5.0A)が柔軟なパワー段の構成、調整可能な駆動モード、高速ダイナミック応答を実現

STマイクロエレクトロニクス


STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、ハイエンドの産業機器や、業務用および生活家電に最適な大電流モータ・ドライバ「STSPIN9シリーズ」を発表しました。


STSPIN9シリーズ初の製品である「STSPIN948」(出力電流4.5A)および「STSPIN958」(出力電流5.0A)は、PWM制御ロジックと58Vのパワー段を集積しており、システム保護機能と2つの電流センス・アンプを備えています。ブラシ付きDCモータおよびバイポーラ型ステップ・モータの駆動に最適で、部品コストの削減に貢献するとともに、優れた柔軟性と拡張性を提供します。


STSPIN948は、2個のフルブリッジを集積しており、異なるモードで駆動するように設定可能です。これにより定格の異なる複数のモータを異なるモードで駆動するような柔軟な開発が可能になります。また、PWMベースの電流制御モードをオフ時間固定、またはしきい値設定から選択することで、5種類の駆動モードを使用可能です。同製品は、VQFPN48パッケージ(7 x 7mm)で提供されます。


STSPIN958は、1個のフル・ブリッジを内蔵しており、単方向モータを2個、双方向ブラシ付きDCモータを1個、または出力を並列化することで大電流の単方向モータを1個駆動するモードが可能です。STSPIN948と同様に、オフ時間固定としきい値設定の電流制御モードを選択でき、デュアルのハーフブリッジや、シングルのフルブリッジ、およびハーフブリッジの並列接続が可能なため、7種類の駆動モードを使用できます。同製品は、VFQFPN32パッケージ(5 x 5mm)で提供されます。


STSPIN948およびSTSPIN958は、幅広い動作電圧範囲と優れた柔軟性を備えたモータ・ドライバです。ファクトリ・オートメーション、繊維機械、産業用・家庭用ロボット、舞台照明、ATMや現金処理機、アンテナのコントローラ、自動販売機および、さまざまな産業機器および生活家電に最適です。


両製品ともに、外付け抵抗を使用することで出力トランジスタのスルー・レートを0.3V/ns、0.6V/ns、1.2V/ns、または2V/nsにプログラム可能です。これにより、消費電力と電磁ノイズの最適化が可能です。また、デッド・タイムを設けているため、貫通電流を防止できるとともに、各MOSFETのオン抵抗がわずか200mΩと低いため、動作効率の最大化にも貢献します。伝搬遅延が280nsときわめて短く、システム・コマンドに対する高速のダイナミック応答が実現します。


STSPIN948およびSTSPIN958は、過電流保護や過熱保護、短絡保護、低いバス電圧を検出する減電圧保護(UVLO)など、豊富な保護機能も内蔵しています。


また、開発期間の短縮に貢献する低コストで使いやすい評価ボード「EVSPIN948」および「EVSPIN958」も提供されています。EVSPIN948は、STSPIN948を使用して最大2個のモータを駆動し、EVSPIN958は、STSPIN958を使用して1個のモータを駆動します。いずれも機能拡張用に設計された評価ボードで、ほとんどのSTM32 NucleoボードやArduino® UNO R3コネクタと互換性があります。


両製品は現在量産中で、1000個購入時の単価は、STSPIN958が約1.42ドル、STSPIN948が約2.35ドルです。


詳細については、ウェブサイト( https://www.st.com/ja/motor-drivers.html )をご覧ください。

 

STマイクロエレクトロニクスについて

STは、50,000名以上の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な総合半導体メーカーです。約20万社を超えるお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。STのテクノロジーは、スマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・コネクティビティの普及を可能にします。STは、2027年までのカーボン・ニュートラル(スコープ1、2、および3の一部)の実現を目標にしています。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(http://www.st.com)をご覧ください。


◆ お客様お問い合わせ先

STマイクロエレクトロニクス(株)

アナログ・MEMS・センサ製品グループ

〒108-6017 東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟

TEL : 03-5783-8250

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

STマイクロエレクトロニクス

20フォロワー

RSS
URL
http://www.st.com/jp
業種
製造業
本社所在地
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟
電話番号
03-5783-8220
代表者名
マルコ・カッシス
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード