プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

横浜市
会社概要

脱炭素、⼦育て、モビリティなど10 社の横浜への進出等を支援〜令和5年度 横浜市次世代重点・成⻑分野⽴地促進助成〜

脱炭素社会の形成の推進、「子育てしたいまち 次世代を共に育むまち」の実現やイノベーション創出などに貢献する重点・成長分野の企業立地を支援しました。

横浜市

横浜市では、脱炭素、子育て、モビリティなど、将来の成長が期待できる分野の企業立地を促進するため、「次世代重点・成長分野立地促進助成制度」により、本社や研究所などの市内進出等を支援しています。
令和5年度は、脱炭素社会実現に不可欠で世界的にも需要が高まっている次世代半導体、メタネーションの研究所の新設など、計10社の進出・市内での拡張移転を支援しました。

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/keizai/2023/sokusikin.html


  • 令和5年度 企業の市内進出等への支援

横浜市では、脱炭素、子育て、モビリティなど、将来の成長が期待できる分野の企業立地を促進するため、「次世代重点・成長分野立地促進助成制度」により、本社や研究所などの市内進出等を支援しています。


 令和5年度は、脱炭素社会実現に不可欠で世界的にも需要が高まっている次世代半導体、メタネーションの研究所の新設など、計10社の進出・市内での拡張移転を支援しました。


【⽀援企業⼀覧(令和5年度)】 分野ごと50 ⾳順


  • 令和5年度横浜市次世代重点・成長分野立地促進助成制度の概要

○脱炭素、子育て、モビリティなど本市が指定する重点・成長分野の企業が、①市内へ初進出する場合、②本社や研究所を市内で拡張・移転する場合に、次の助成金を交付します。

1 重点分野(脱炭素、子育て、モビリティ)

①市内初進出  事業所の床面積50㎡あたり100万円(最大500万円)

 ※②市内拡張・移転は、最大250万円

2 DX、環境、健康・医療、イノベーション創出、MICEの分野

①市内初進出  事業所の床面積50㎡あたり50万円(最大250万円)

 ※②市内拡張・移転は、最大125万円


問合せ:経済局企業誘致・立地課

TEL:045-671-2594

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
ビジネスカテゴリ
政治・官公庁・地方自治体
位置情報
神奈川県横浜市自治体
関連リンク
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/keizai/2023/sokusikin.html
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

横浜市のプレスキットを見る

会社概要

横浜市

141フォロワー

RSS
URL
http://www.city.yokohama.lg.jp/
業種
官公庁・地方自治体
本社所在地
横浜市中区本町6丁目50番地10
電話番号
-
代表者名
山中 竹春
上場
-
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード