JOYSOUNDが2020年カラオケ上半期ランキングを発表!Official髭男dismが、総合・アーティストの2冠獲得!YouTube「JOYSOUND CHANNEL」では、YOASOBIが首位!

・Official髭男dismが初の首位となり、総合・アーティストの2冠を達成。
・アーティストランキングでは、6位King Gnu、7位LiSAが、昨年圏外から大きくジャンプアップし初のTOP10入り!
・アニメソングでは、TVアニメ『鬼滅の刃』OPテーマとして注目を集めたLiSA「紅蓮華」が初の1位。
・ネット発アーティストからは、ヨルシカ「ただ君に晴れ」が1位をキープ。
今回は総合でも初めてのランクインを果たし、ネット発のカテゴリに留まらない人気。
・YouTube「JOYSOUND CHANNEL」では、映像公開から約1か月で100万回以上の再生を記録したYOASOBIが断トツの首位に。
株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、代表取締役社長:水谷 靖)は、7月8日(水)、31万曲(※1)以上という業界最多の配信曲数を誇る業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2020年JOYSOUND カラオケ上半期ランキング」(※2)を発表します。


また、今回は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、4月から自宅でのカラオケ練習用にYouTube内のJOYSOUND公式チャンネル「JOYSOUND CHANNEL」で無料公開した「“おうちで歌おう”JOYSOUND公式カラオケ映像」の再生回数に基づくランキングもあわせて発表します。

▽2020年JOYSOUND カラオケ上半期ランキング 特集ページ:
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/ranking/2020

※1:2020年6月末時点
※2:集計期間:2020年1月1日~6月20日。
※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。
※昨年51位以下の楽曲を「圏外」と表記

▼トピックス
・Official髭男dismが初の首位となり、総合・アーティストの2冠を達成。
・アーティストランキングでは、6位King Gnu、7位LiSAが、昨年圏外から大きくジャンプアップし初のTOP10入り!
・アニメソングでは、TVアニメ『鬼滅の刃』OPテーマとして注目を集めたLiSA「紅蓮華」が初の1位。
・ネット発アーティストからは、ヨルシカ「ただ君に晴れ」が1位をキープ。
今回は総合でも初めてのランクインを果たし、ネット発のカテゴリに留まらない人気。
・YouTube「JOYSOUND CHANNEL」では、映像公開から約1か月で100万回以上の再生を記録したYOASOBIが断トツの首位に。


《総合ランキング》
■Official髭男dismが1位「Pretender」を含む、全6曲でランクイン!

1位の「Pretender」をはじめ、30位以内に6曲ものランクインを果たしたOfficial髭男dismが強さを見せつけました。7位「まちがいさがし」、8位「さよならエレジー」とTOP10に2曲ランクインした菅田将暉も2019年から引き続き、安定した人気を堅持。また、TVアニメ『鬼滅の刃』OPテーマとして話題のLiSA「紅蓮華」が、上半期にじわじわと順位を上げて2位を獲得。

 


《アーティストランキング》
■Official髭男dismが初の首位獲得の一方で、King Gnuも躍進!

1位を獲得したのは、総合ランキングで30位以内に6曲ものランクインを果たしたOfficial髭男dism。さまざまな楽曲が歌われ、上半期ついにカラオケの定番アーティストのトップに躍り出ました。また、総合3位に「白日」がランクインしたKing Gnuは2019年から大きくジャンプアップし、初のベスト10入り。14位のFoorinは「パプリカ」が安定した強さを見せつけ、1曲の配信のみで見事ランクインを果たしました。

 



《ジャンル別ランキング》

▽アニメ/特撮/ゲームランキング

TVアニメ『鬼滅の刃』OPテーマであるLiSA「紅蓮華」が、定番曲「残酷な天使のテーゼ」に代わり1位を獲得。総合ランキングでも2位を獲得しており、新たな定番アニメソングとして定着するか、注目の1曲です!

 


▽VOCALOID™ランキング
昨年に続き、バルーン「シャルル」が1位を獲得!2位には、動画サイトで数多くカバーされているボカロジャンルの上位定番曲、みきとP feat.鏡音リン「ロキ」がランクイン。かいりきベア「ベノム」は今年に入りじわじわと人気を集め、2019年から大きく順位を上げて、7位に飛び込みました。



▽ネット発アーティスト楽曲ランキング
ヨルシカが2019年から1位を堅持。総合ランキングで28位にランクインする「ただ君に晴れ」をはじめ、TOP20に6曲ランクインし、今やネット発のカテゴリにとどまらない人気を誇ります。2位のずっと真夜中でいいのに。「秒針を噛む」の人気も健在。6位のYOASOBIは、2019年11月にYouTubeで公開された「夜に駆ける」が、今年に入り一躍話題を集め、初のランクインを果たしました。

 


▽演歌ランキング
定番曲が安定の強さを見せた演歌ランキング。石川さゆり「津軽海峡・冬景色」が「天城越え」を抜いて首位を獲得。また、昨年発売された坂本冬美の男歌「俺でいいのか」が11位と大きく躍進しました。


▽K-POP/韓国曲ランキング
TWICE「Feel Special」が、初登場1位を獲得。TWICEは20位以内に4曲ランクインし、そのうち2曲はTOP3と、その圧倒的な人気を示すランキングとなりました。

 

 

 


▽洋楽ランキング
映画『アラジン』タイアップ曲、Brad Kane and Lea Salonga「A Whole New World」が、2019年に続き1位を獲得。定番曲が強さをみせる洋楽ランキングで、昨年グラミー5冠を獲得したBILLIE EILISH「bad guy」が5位に飛び込み、存在感を示しました。


▽公式ミュージックビデオ観放題サービス「RecTV for JOYSOUND」 ランキング
『JOYSOUND MAX GO』で公式ミュージックビデオが観られるサービス『RecTV for JOYSOUND』。昨年に続き、1位を獲得したのはサカナクション「新宝島」。カメラワークやメンバーが踏むステップ、バックで踊るチアダンサー、昭和を感じさせつつも今風にアレンジされたミュージックビデオは、一見の価値あり。

 

 


・RecTV for JOYSOUNDの詳しい情報はコチラ:https://miruhaco.jp/rectv

▽JOYSOUND CHANNEL カラオケ映像ランキング
自宅での練習を目的に、4月よりJOYSOUNDの公式YouTubeチャンネルで無料公開したカラオケ映像300曲の中からTOP10を発表!ネット発アーティスト楽曲ランキングで、初ランクインを果たしたYOASOBI「夜に駆ける」が、映像公開から約1ヶ月で100万回以上の再生回数を記録し、2位と5倍以上の差をつけて堂々の1位に輝きました!


・1位を獲得したYOASOBIさんからの動画コメントはこちら
https://twitter.com/JOYSOUND_PR/status/1280680582339416064

・JOYSOUND公式YouTubeチャンネル「JOYSOUND CHANNEL」はコチラ
https://www.youtube.com/user/joysoundchannel


(参考)「うたスキ動画」による2020年上半期ランキング上位曲 カラオケ歌唱映像:
https://camp.joysound.com/r/sugodou/?v=LD2e_K225MU&from=pr
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクシング >
  3. JOYSOUNDが2020年カラオケ上半期ランキングを発表!Official髭男dismが、総合・アーティストの2冠獲得!YouTube「JOYSOUND CHANNEL」では、YOASOBIが首位!