ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場ータイプ別(クラウドベース、Webベース);およびアプリケーション別(大企業および中小企業)–グローバル需要分析および機会の見通し2028年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2021年07月 30日 に発刊しました。ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、2021-2028年の予測期間中に17.43%のCAGRで成長しています。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3150

世界のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、2021年に537.3百万米ドルの収益を達成し、2028年までに1667.6 百万米ドルを獲得すると予想されています。

グローバルITセクターの増加により、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの採用が進んでいます。IT業界は、世界で最も急速に成長している業界の1つです。IT業界の到来するテクノロジーにより組織がよりデジタルに接続されるようになるにつれて、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアへの依存度が高まります。工業化の進展によるグローバリゼーションの進展は、IT業界全体で必要なビジュアルコラボレーションソフトウェアの割合を大幅に押し上げています。

さらに、ツールの最新化、多様性とコンプライアンスの向上により、複雑さのレベルが高まり、アクセスに対するさまざまな制限が実装されました。その結果、より優れたプラットフォームに無制限にアクセスできるようにするために、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの需要が高まっています。IT産業の工業化と発展の高まりは、中国、インド、インドネシアなどの発展途上国のGDPに大きく貢献しています。その結果、雇用率が急上昇し、ビジュアルコラボレーションソフトウェアの要件も高まっています。

市場セグメンテーション洞察

レポートは、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威を含むいくつかの主要な市場ダイナミクスに強調いています。また、セグメントに焦点を当てています。ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、タイプ別(クラウドベース、およびWebベース);およびアプリケーション別(大企業および中小企業)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

地域分析

ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米市場は、2021年に320.7百万米ドル、2028年に970.1百万米ドルの収益を獲得することにより、トップシェアを維持すると予測されています。この成長は、ヘルスケア、商業ビジネス、製造、教育などの主要産業におけるビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアサービスのアプリケーションの増加に起因しています。

北米地域では、米国は2021年に265.2 百万米ドルの収益を達成することにより、市場成長のための重要な成長機会を生み出すと予測されています。 一方、カナダは同じ年に5,560万米ドルの収益を上げると予測されています。COVID-19による自宅での仕事と勉強、技術の進歩、新興企業の増加と仮想企業の成長傾向により、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの成長に大きなチャンスが生まれました。

ヨーロッパのビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は予測期間中に18.15%のCAGR で拡大すると予測されます。
 


調査レポートの日本語に詳細内容について:https://www.researchnester.jp/reports/visual-collaboration-platform-software-market/3150

アジア太平洋地域のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、2021年に8,020万米ドルから、2028年に273.5 百万米ドルの収益を達成することにより、予測期間中に大きな市場シェアを保持すると推定されています。また、予測期間中に19.02%のCAGRで拡大すると予測されます。アジア太平洋地域の中国は、2021年に2,880万米ドルの収益を上げると予想されています。一方、日本の市場は2021年に2,320万米ドルになると予測されています。アジア太平洋地域のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、デジタル化、経済発展、デジタルインドやその他のプログラムなどの政府のイニシアチブ、により、中国、インド、日本などの国々によって支配されています。

ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  •  北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

主要企業

ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場における業界のリーダーにはTactivos, Inc., Miro, Stormboard, Conceptboard, Deskle, DEON GmbH & Co. KG, Ziteboard, iObeya, Lucid Software Inc.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3150

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/visual-collaboration-platform-software-market/3150
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場ータイプ別(クラウドベース、Webベース);およびアプリケーション別(大企業および中小企業)–グローバル需要分析および機会の見通し2028年