胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場ー製品別(血管造影システム、透視システム、MRIシステムなど);手順別;アプリケーション別;エンドユーザー別–グローバル需要分析と機会の見通し2029年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年08月 02日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3162

癌、慢性疾患の有病率の増加、および高齢者人口の増加は、市場の成長に貢献すると予想されます。急速に増加する高齢者人口とその結果としての加齢性疾患の有病率の増加、技術の進歩は、この市場の進歩を促進することが期待されています。高齢者は、関節炎や心血管疾患などの慢性疾患に対してより脆弱であり、放射線機器市場の成長を支えていると推定されています。

経済協力開発機構(OECD)から収集されたデータによると、2019年には、OECD諸国の総人口の約33%が15歳でした。市場の成長は、病気の早期診断の必要性の高まり、政府や民間組織による研究費の増加などの要因にも起因する可能性があります。

高齢者人口の増加率は、胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これは、予測期間中に胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

政府や他の組織による研究資金の増加は、放射線装置の技術的進歩につながっています。2018年、EUは研究開発に約3,480億米ドルを費やしました。インドでは、2021ー2022年の会計年度の健康研究の割り当ては約360 百万米ドルです。さらに、発展途上国での成長機会の増加、放射線装置の必要性についての意識の急速な増加は、市場を後押しすると予測されています。
 


調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/biliary-interventional-radiology-devices-market/3162

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
  • 胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場は、2021-2029年の予測期間中に中程度のCAGRで成長すると推定されています。
  • 胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場は、製品別(血管造影システム、透視システム、CTスキャナー、超音波画像システム、MRIシステムなど);手順別(血管造影、血管形成術、塞栓術、血栓溶解療法、椎体形成術、腎瘻造設術、およびその他);アプリケーション別(心臓病学、腫瘍学、泌尿器科および腎臓病学、消化器病学、およびその他);およびエンドユーザー別(一般医療および外科病院およびその他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • 胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場における業界のリーダーはAbbott、GE Healthcare (General Electric Company)、 Siemens Healthcare GmBH、 Royal Philips、 Toshiba Medical Systems Corporation、 Hitachi Medical Corporation、 Carestream Health, Inc.、 Esaote S.p.A、 Hologic, Inc.、 Fujifilm Corporationなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • 胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

I. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
II. 北米(米国およびカナダ)
III. 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
IV. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
V. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3162

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : info@researchnester.com

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/biliary-interventional-radiology-devices-market/3162
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 胆道インターベンショナルラジオロジーデバイス市場ー製品別(血管造影システム、透視システム、MRIシステムなど);手順別;アプリケーション別;エンドユーザー別–グローバル需要分析と機会の見通し2029年