楽天インサイト、「ハロウィーンに関する調査」結果を発表

‐ ハロウィーンにかける平均予算は昨年より約1割増加の4,383円で復調傾向。今後コロナ禍が終息した場合、大人数のハロウィーンイベントへの参加意向は約2割 ‐

URL: https://insight.rakuten.co.jp/report/20211014 

 楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 秀文、以下「楽天インサイト」)は、「ハロウィーンに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2021年9月7日(火)から9月9日(木)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20〜69歳の男女1,000人を対象に行いました。今回は、2回目となるコロナ禍におけるハロウィーンの過ごし方と、今後のアフターコロナにおけるハロウィーンイベントへの参加意向についても調査しました。


■□ 調査結果概要 □■

■ハロウィーンの印象は「自分と関係ない」、「子どもや若者向け」、「なじみがない」が上位になる中、「家族や友人と楽しめる」は増加。女性の若年層を中心にハロウィーンを積極的に楽しむ傾向
 昨年に引き続きハロウィーンに対する印象を聞いたところ、全体では「自分と関係ない」(23.9%)と答えた人が最も多く、次に「子どもや若者向け」(23.4%)、「なじみがない」(23.2%)が続いた。順位は入れ替わったものの、トップ3は昨年の同調査( https://insight.rakuten.co.jp/report/20201014/ )と同様の結果となった。一方で、「家族や友人と楽しめる」(14.5%)については昨年(10.3%)から4.2ポイント増加した。
 性年代別にみると、女性20~30代で全体と比較して多かったのが「家族や友人と楽しめる」(女性20代: 25.3%、女性30代: 23.3%)、「ハロウィーンにまつわるお菓子・料理を食べたい」(女性20代: 34.2%、女性30代: 28.9%)、「非日常感を味わえる」(女性20代: 27.8%、女性30代: 24.4%)、「ワクワクする」(女性20代: 22.8%、女性30代: 28.9%)の回答であった。女性20~30代は、他の年代に比べるとハロウィーンを積極的に楽しむ傾向がうかがえた。

■今年のハロウィーンに「予定あり」は21.4%。「昨年のハロウィーンは何もしなかったが、今年は予定がある」人は女性30代で1割強と、他の年代よりも多い
 今年のハロウィーンの予定について聞いたところ、「予定あり」は21.4%で、昨年から2.0ポイント上昇し、コロナ禍以前の2019年に実施した調査結果(22.9%)に近づいた。「特に何もする予定はない」(70.6%)と「未定」(8.0%)を合わせた「予定なし」は、78.6%となった。
 また、今年のハロウィーンの予定と昨年の実施状況をみたところ、「今年予定あり・昨年実施あり」は16.5%となっている一方で、「今年予定あり・昨年実施なし」は4.9%となった。性年代別で見ると、女性30代においては「今年予定あり・昨年実施なし」が13.3%と最も多く、この年代では今年、昨年と比較してハロウィーンに何かを実施する予定がある人が多かった。さらに、今年ハロウィーンの予定がある人の合計は38.9%と性年代別でトップとなった。

■今年のハロウィーンでオンラインイベントや映画鑑賞などを楽しむ予定の人は微増。ハロウィーンにかける平均予算は4,383円で、昨年よりも445円増加し復調傾向
 「予定あり」と回答した人の詳細をみると、「自分以外(子ども)を仮装させる」(26.6%)、「自宅にハロウィーンの装飾(小物を置く、ウォールステッカーを貼るなど)を行う」(25.7%)、「ハロウィーン用の料理(お菓子なども含む)を作る」(25.7%)がトップ3となった。ただし昨年と比較すると、「自分以外(子どもなど)を仮装させる」、「ハロウィーン用の料理(お菓子なども含む)を作る」のほか、「自宅でパーティーを開く」が6ポイント以上低下した。一方、「ホラー映画を観る」は昨年と比較して6.9 ポイント上昇し、「オンラインで友人・知人・親戚などとハロウィーンパーティーをする」と「オンラインで外部が主催するハロウィーンイベントに参加する」も微増となった。
 「予定あり」と回答した人に、「今年のハロウィーンのために参考にしている・したい情報」を聞いたところ、「テレビ」(42.1%)、「SNS(Instagram)」(38.8%)、「動画サイト(YouTube)」(25.2%)がトップ3となった。中でも「SNS(Instagram)」はトップの「テレビ」に3.3ポイント差で肉薄し、主な情報源の1つとなっている。
 今年のハロウィーンに予定がある人に、かける費用について聞いたところ、「1円以上2,000円未満」(29.4%)と回答した人が最多となり、次いで「2,000円以上4,000円未満」(25.2%)、「4,000円以上6,000円未満」(17.3%)と昨年同様となった。一方、平均予算は全体で4,383円で、昨年の3,938円から445円増加し、コロナ禍以前の2019年に実施した調査結果(4,546円)に近づく結果となった。

■コロナ禍終息後、以前のような大人数でのハロウィーンイベントへの参加意向は約2割。参加してみたい理由は「会場の雰囲気を感じたいから」が約6割
 今後コロナ禍が終息したとして、「以前のような大人数でのハロウィーンイベント」に参加してみたいと思うかを聞いたところ、全体では21.3%が「参加してみたい」と答えた。性年代別では、今年のハロウィーンの予定と同様に、男性では年代が上がるほど参加意向が低くなり、女性20~30代は全体と比べて参加意向が高かった。
 また、「以前のような大人数でのハロウィーンイベント」への参加意向について理由を聞いたところ、「参加してみたい」と答えた人の中では「会場の雰囲気を感じたいから」が60.6%でトップであった。「参加したくない」では「そもそもハロウィーンに興味がない・なくなったから」(73.4%)を除くと、「コロナ禍が終息しても、大人数での集まりに抵抗を感じるから」が13.0%で高かった。また、「友人・知人との小規模な集まりで満足だから」も12.2%となり、大人数の集まりには参加せずとも、少人数での集まりや「おうちハロウィーン」で楽しもうとする生活者の意向がうかがえる結果となった。

より詳細な調査結果は以下よりご覧いただけます。
https://insight.rakuten.co.jp/report/20211014

【調査概要】
調査エリア            : 全国
調査対象者      : 20歳~69歳 男女
回収サンプルサイズ: 1,000サンプルサイズ
調査期間       : 2021年9月7日(火)から9月9日(木)
調査実施機関     : 楽天インサイト株式会社
(注)本レポートでは小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合があります。

以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天グループ株式会社 >
  3. 楽天インサイト、「ハロウィーンに関する調査」結果を発表