【2023年卒 就職活動TOPIC】インターンシップ・1day仕事体験の期間別参加状況と就業体験

学生が参加したインターンシップ・1day仕事体験の件数全体のうち、「1日以下」のプログラムは87.0%、そのうち就業体験が含まれていたプログラムは25.4%


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村 吉弘)のより良い就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:栗田 貴祥)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

「1日以下」のプログラムの開催が多く、就業体験の機会が少ない様子がうかがえる
今回は2023年卒学生の、インターンシップ・1day仕事体験の期間別参加状況と、就業体験の有無などについて分析しました。まず、インターンシップ・1day仕事体験への参加経験がある学生は83.2%、経験者の平均参加回数は9.93回。学生が参加したインターンシップ・1day仕事体験の件数全体のうち、「1日以下」が占める割合が全体の87.0%でした。また、参加したプログラム期間別に就業体験(企業の実務を体験すること)が含まれていた割合を見ると「1日以下」は25.4%で、期間が長くなるほど就業体験が含まれる割合が高まります。企業側の実施期間の多くが「1日以下」である※ことから、学生の参加希望の有無にかかわらず、就業体験を得られる機会が少ない様子がうかがえます。インターンシップ・1day仕事体験への参加は、やりたい仕事やキャリアを考えるきっかけになります。業界や仕事内容への理解は1日のプログラムでもある程度得られると思いますが、自分の能力を見極めることにつながる長い期間のインターンシップや就業体験の機会の増加が、企業と学生のより良いマッチングの実現に寄与すると考えます。
※『就職白書2022』 



調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:2023年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2023』(※)にて調査モニターを募集し、モニターに登録した学生7,634人(内訳:大学生6,259人/大学院生1,375人)
有効回答数:大学生 1,033人/大学院生 338人
調査実施期間:2022年5月16日~5月18日
調査機関:就職みらい研究所


詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20220630_hr_01.pdf


▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルート >
  3. 【2023年卒 就職活動TOPIC】インターンシップ・1day仕事体験の期間別参加状況と就業体験