「Rakuten NFT」、NFTコンテンツ発売に向けてビームスと合意

- カルチャー領域において、NFT利用の活発化を推進 -

 楽天グループ株式会社(以下「楽天」)が提供を開始するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」は、株式会社ビームス(以下「ビームス」)と、同社が展開するNFTコンテンツの発売に向けて合意しました。

 「Rakuten NFT」は、スポーツや、音楽・アニメをはじめとするエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTの発行、および販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームを併せ持つサービスとして、2月25日(金)にサービスを開始予定です。

 

 ビームスは、20年以上展開しているアートを皮切りに、ファッションなど様々なNFTを「Rakuten NFT」において展開することで、カルチャー領域のNFTの活発化を推進します。NFTの開発は、ビームスが出資する株式会社ビーアット(以下「ビーアット」)が担当します。「全ての表現者が創造することによって生きていける社会」の実現を目指し、メディア事業やコンテンツ企画、制作などを手掛けるビーアットならではのノウハウを生かした、オリジナリティの高いNFTを展開予定です。決済には楽天IDを使用でき、「楽天ポイント」を貯めたり、使ったりすることが可能です。購入したNFTは、「Rakuten NFT」のマイページにコレクションすることができ、さらにマーケットプレイスに出品し、販売することもできます。ビームスは、クリエイターにもユーザーにも、あらゆる生活者にとって新しいライフスタイルをリアルとメタバースの領域を横断して提案していきます。

 

 ビームスは1976年に創業し、ファッションから生活雑貨、アート、音楽までカルチャー全般を販売する、日本を代表するセレクトショップとして生活者に新しいライフスタイルを提供しています。ビームスは、これまでも、楽天が運営するファッション通販サイト「Rakuten Fashion」に複数のブランドにおいて参加しています。また、2021年4月には「楽天市場」出店店舗の商品企画・開発をビームスのライセンスブランド「BEAMS DESIGN」(ビームス デザイン)のディレクターが監修・支援し、「楽天市場」限定商品を紹介する「Rakuten meets BEAMS DESIGN」を開設しました。さらに、2021年4月よりビームスの店舗(一部除外あり)において共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入するなど、様々なサービスで連携を行っています。

 

 「Rakuten NFT」は、魅力的で新しいエンターテインメント体験の提供とサービスの利便性向上を図り、幅広いユーザーに向けて満足度の高いサービス提供を実現してまいります。

■「Rakuten NFT」概要
サービス開始日(予定): 2022年2月25日(金)
概要:
・ユーザー向け/スポーツやエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイス
・IPホルダー向け/ワンストップでNFTの発行、および販売サイトを構築することのできる独自のプラットフォーム

 

事業に関する問い合わせ先: rakuten-nft-pr@mail.rakuten.com

 
■株式会社ビームスについて
1976年、東京・原宿に1号店をオープン。ファッションとライフスタイルにまつわるあらゆる物を世界中から仕入れ提案するセレクトショップの先駆けとして時代をリードしてきました。
コラボレーションを通じて新たな価値を生み出す企画集団としても豊富な実績を持ち、ファッションの領域を大きく超えて様々なジャンルでクリエイティブなソリューションを提供しています。日本とアジア地域に約170店舗を展開し、世代を超え多くの人に支持されています。    
公式HP: https://www.beams.co.jp/


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天グループ株式会社 >
  3. 「Rakuten NFT」、NFTコンテンツ発売に向けてビームスと合意