プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社KADOKAWA
会社概要

有川浩氏書き下ろし! 書店に行って「図書館戦争」オリジナルミニエピソードを読もう!!

株式会社KADOKAWA

続編映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」の公開を10月10日(土)に控え、ますます盛り上がる有川浩氏の「図書館戦争」シリーズ。映画公開を記念して、有川浩氏書き下ろしのオリジナルミニエピソードが読めるキャンペーン開始します。
『県庁おもてなし課』『レインツリーの国』『阪急電車』などで知られるベストセラー作家の有川浩氏。代表作「図書館戦争」シリーズの実写映像化は、映画「図書館戦争」が2015年10月4日(日)に地上波初放送、TBSドラマ特別企画「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」が10月5日(月)に放送され、続編映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」が10月10日(土)に公開を迎える。

「図書館戦争」シリーズは、公序良俗を乱す表現を取り締まる「メディア良化法」が成立した日本で、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した女の子の恋と戦いを描く極上エンタテインメント。シリーズ累計部数は600万部を超える大ベストセラー。

その映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」の公開を記念して、有川浩氏書き下ろしのオリジナルミニエピソードが無料で読める書店キャンペーンが、9月18日(金)より実施される。
書店店頭に掲出されている映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』キャンペーンポスター掲載のQRコードをスマートフォン等で読み込むと、「図書館戦争」にまつわるクイズが出題され、クイズに正解すると、「書店」にまつわる「図書館戦争」オリジナルミニエピソードが無料で読める。キャンペーン期間は2015年9月18日(金)から2015年11月30日(月)。オリジナルミニエピソードは、このキャンペーンでしか読めない特別書き下ろしとなっている。


■『図書館戦争』あらすじ
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが……!? 本と恋の極上エンタテインメント! 

■著者プロフィール
有川浩(ありかわ・ひろ)
高知県生まれ。第10回電撃小説大賞『塩の街 wish on my precious』で2004年デビュー。2作目の『空の中』が絶賛を浴び、『図書館戦争』シリーズで大ブレイク。その後、『植物図鑑』『キケン』『県庁おもてなし課』『旅猫リポート』で、4年連続ブクログ大賞を受賞。他著作に『シアター!』『フリーター、家を買う。』『三匹のおっさん』『阪急電車』『ラブコメ今昔』『海の底』『レインツリーの国』『ストーリー・セラー』『ヒア・カムズ・ザ・サン』『空飛ぶ広報室』『明日の子供たち』『キャロリング』などがある。

 

■「図書館戦争」シリーズ書誌情報


○『図書館戦争』(角川文庫)

本体定価:667円(税別)
ページ数:404ページ
イラスト:徒花スクモ 

○『図書館内乱』(角川文庫)
本体定価:667円(税別)
ページ数:420ページ
イラスト:徒花スクモ 

○『図書館危機』(角川文庫)
本体定価:667円(税別)
ページ数:404ページ
イラスト:徒花スクモ 

○『図書館革命』(角川文庫)
本体定価:667円(税別)
ページ数:404ページ
イラスト:徒花スクモ 

○『別冊 図書館戦争Ⅰ』(角川文庫)
本体定価:629円(税別)
ページ数:324ページ
イラスト:徒花スクモ 

○『別冊 図書館戦争Ⅱ』(角川文庫)
本体定価:629円(税別)
ページ数:340ページ
イラスト:徒花スクモ 


■『図書館戦争』KADOKAWA総合サイト
http://www.kadokawa.co.jp/toshokan-sensou/

■映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』公式サイト
http://toshokan-sensou-movie.com/

■映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』ストーリー

「昭和」から「正化」へと歴史を進めた近未来の日本。いまや国家による思想検閲や、メディア規制が横行する社会となっていた。そんな中、検閲に対抗し「本を読む自由」を守っている“図書隊”に所属する笠原郁(榮倉奈々)は、検閲で取り上げられそうになった大事な本を取り返してくれた図書隊員を追って入隊、特殊部隊(タスクフォース)所属となった。鬼教官である堂上篤(岡田准一)の罵倒とシゴキに耐え、上官の小牧幹久(田中圭)、同期の手塚光(福士蒼汰)や柴崎麻子(栗山千明)らと厳しい訓練と図書館業務の日々を過ごしていた。そんなある日、堂上ら図書隊にある指令が下る。それはこの世に1冊しか現存しない"自由の象徴"「図書館法規要覧」の一般展示が行われる“芸術の祭典”会場の警備。一見簡単な任務に思えたが、実は、図書隊を解散させる事で歪んだ社会を正しくしようと考えている、手塚の兄・慧(さとし・松坂桃李)がタスクフォース壊滅を目論み仕組んだ罠だった――。手塚慧の狙い通り、検閲実行部隊「良化隊」による急襲を受け、成す術もなく1人、また1人と凶弾に倒れていくタスクフォース達。堂上たちは無事に本を、仲間たちを守り切れるのか?!いま命運をかけ、図書隊が史上最大の戦い“LAST MISSION”に挑む!!

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
キャンペーン
ビジネスカテゴリ
雑誌・本・出版物
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社KADOKAWA

3,013フォロワー

RSS
URL
https://group.kadokawa.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区富士見二丁目13番3号
電話番号
-
代表者名
夏野剛
上場
東証プライム
資本金
406億円
設立
2014年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード