いよいよ明日開催!!シンポジウム『グローバルな時代におけるイノベーション』で WIPO のデジタルストーリーによる新たな取り組みの発表も!

世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所は、12月2日(木)・3日(金)の2日間にわたって、“知的財産権”に関するシンポジウム『グローバルな時代におけるイノベーション』をオンラインで開催する。本イベントは、日本をはじめ世界各国の中小企業に対して知的財産(知財)がイノベーションに果たす役割を伝えるとともに、中小企業の抱える知財をめぐる諸課題について、議論・検討を行う場として企画された。

WIPO グローバル・イノベーション・インデックス 諮問委員会委員でもある竹中平蔵氏も、本イベントで紹介するインタビューにおいて「イノベーションというのは結び付きです。キーワードは“スマート”“サステイナブル”“インクルーシブ”の3つ。社会的な要請が世界で広がって、それに適応するために、スマートテクノロジーをしっかりと活用しながら、サステイナビリティやインクルーシブネスの概念を入れて社会を変えていく。そういった社会全体のイノベーションが非常に急速に進んでいる」と、イノベーションの重要性を説いている。

世界の企業のうち、9割を中小企業が占めており、世界の雇用の7割を創出。経済の中核である中小企業によるインベーション創出が経済活動のさらなる発展の鍵であり、その成長力を一層促すためにも、無形資産を最大限に活用する必要性が増しているとの考えの下、WIPOでは、中小企業が知財を効果的に活用してビジネスを成長させられるよう、様々な活動を行っている。例えば、本イベントで初公開されるソニーのプレイステーションを取り上げたデジタルストーリーや、中小企業や個人が簡単な質問に回答することで、様々な分野の知財に関する報告書が発行される知財診断ツール(https://www.wipo.int/ipdiagnostics-assessment/)の提供である。

本イベントでは、中小企業のグローバルな競争力強化、オープン・イノベーション、SDGsなどの視点から、ビジネス戦略や事業展開に資する知財の役割に関して、国内外の有識者や業界・企業のマネージメント層による公演を開催。さらに、イノベーション・サイクル活性化に資する知財管理を行うためのWIPO提供ツールの紹介や「日本がイノベーションを生み出すために」というテーマでのパネルディスカッションも行われる。

知的財産を強く意識し、事業発展を促進させるための第一歩として、本シンポジウムは最適な機会となるのではないだろうか。

プログラムご紹介(予定)※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

<12月2日(木)16時開始>

1.開会挨拶

澤井 智毅 (WIPO日本事務所長)

2.基調講演

荒井 寿光 氏 (日本商工会議所 知的財産専門委員会委員長、元内閣官房・知的財産戦略推進事務局長)

3.SMEを取り巻く市場動向解説

・導入

Guy Pessach (WIPO知的ビジネス部門及び知財イノベーション・エコシステム部門ディレクター)

・ソニーのデジタルストーリープロジェクト

Donna M. A. Hill (WIPO for Creatorsマネージャー)

・知財診断ツールとスタートアップ向けガイドブック

Tamara Nanayakkara (WIPO知的ビジネス部門及び知財イノベーション・エコシステム部門カウンセラー)

4.日本のSMEの知財活動の活性化に向けて

・知財分野における日本商工会議所の取り組み

山内 清行 氏 (日本商工会議所 産業政策第一部 部長)

・AI・IoTベンチャーOPTiMの知財を活用した第4次産業革命への挑戦

菅谷 俊二 氏 (オプティム株式会社 代表取締役社長)

5.イノベーションのエコシステムに向けて、スタートアップ成功国カナダより学ぶ

Neil Henderson 氏 (Amork IP Inc. 代表 兼 創業者)

6.竹中 平蔵 氏 (慶応大学名誉教授、世界経済フォーラム理事、GII諮問委員)インタビュー

 

<12月3日(金)16時開始>

7.環境と知財

・グリーン技術を持つSMEの知財管理

Trod Lehong 氏 (AfriqInnov8 ディレクター)

Anja von der Ropp (WIPO気候変動・食糧安全保障担当 シニア・プログラム・コーディネーター)

・石油を使用しない100%天然バイオマス系生分解性プラスチックや脱炭素社会構築に向けた最先端材料、技術

森 良平 氏 (GSアライアンス株式会社 代表取締役)

・研究開発と海外展開,そのIP戦略と課題

藤田 香 氏 (日之出産業株式会社 取締役)

8.グローバルな知財活用に向けて

・特許出願に関する技術者兼CEOの考察

Alessandro Ferretti 氏(TRE ALTAMIRA Srl CEO 兼 法務代表)

・DuPontのイノベーションと知的財産活用

千田 拓也 氏 (DuPont de Nemoursグループ会社 Senior Intellectual Property Counsel)

9.パネルディスカッション「日本がイノベーションを生み出すために」

[モデレーター]

澤井 智毅 (WIPO日本事務所長)

[パネリスト]

久貝 卓 氏 (日本商工会議所 常務理事)

渋谷 高弘 氏 (日本経済新聞社 編集局 編集委員室 編集委員)

西垣 淳子 氏 (独立行政法人経済産業研究所 上席研究員)

10.閉会挨拶

Guy Pessach (WIPO知的ビジネス部門及び知財イノベーション・エコシステム部門ディレクター)

 
公式ホームページでプログラムの詳細をご確認下さい。
https://www.wipo.int/sme/ja/news/2021/news_0005.html

ご参加(ウェビナー)登録はこちらから
https://wipo-int.zoom.us/webinar/register/WN_Igm7684_Q1Cwq0DRxn6P9w

WIPO IP診断
https://www.wipo.int/ipdiagnostics-assessment/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョードーメディアス >
  3. いよいよ明日開催!!シンポジウム『グローバルな時代におけるイノベーション』で WIPO のデジタルストーリーによる新たな取り組みの発表も!