『SINRA』2018年1月号発売! 特集「柴犬の言いぶん」

インプレスグループで鉄道・旅・自然メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都港区、代表取締役社長:唐島夏生)は、2017年11月24日に『SINRA』2018年1月号を発刊。

【特集】
愛すべき唯我独尊主義者「柴犬の言いぶん」
~“ワンダフル”な相棒といつまでも~


2018年、戌年.
~“ワンダフル”な相棒といつまでも~


 2018年は「戌年」。人気者の犬たちが、さらに何かと話題にのぼる年です。
『SINRA』では、日本犬、特に「柴犬」にフィーチャーし、「柴犬の言いぶん」と題して、犬たちにとっての幸せとは? 犬と人の絆・関係をテーマに考えます。
 表紙には、インスタグラムのフォロワー数が260万人以上という大人気の「柴犬まる」が登場。その人懐こそうな愛らしい表情に思わず癒されるはずです。朝の散歩に同行し、まるがどんなことを感じているのか、まるの心の声にちょっと耳を傾けさせてもらいました。

 巻頭グラフは、動物写真家の岩合光昭さんがとらえた柴犬たちのさまざまな表情を紹介。日本の里山に遊ぶ無邪気な柴犬たちはそれぞれに個性があり、優しい視線で彼らを追う、岩合さんの愛情が伝わってきます。
 巻頭エッセイでは、本誌名誉編集長で作家の玉村豊男さんが愛犬・柴犬ピノとの関係や暮らしぶりについて綴っています。ちょっと気難しい性格のピノに翻弄されながらも、いい距離感で寄り添う、玉村さんの犬とのつきあい方には学ぶところが多くあります。

 また、柴犬と人の絆ストーリーでは、女優・いとうまい子さん、サーファー・北村吉代さんらに、それぞれの愛犬との物語を語っていただきました。
 そのほか、「シニア柴犬の健康&食事学」「日本犬ビジュアル図鑑」「日本犬のカルチャー」「高安犬物語・追想」など、さまざまなテーマで柴犬や日本犬と人との関係を紐解きます。

 犬は人間にとっても最良のパートナー、家族であると同時に、人間も犬にとって大事な存在。その素晴らしい絆を、互いに命ある限り、いつまでも大切にするために、犬たちの声に耳をすまそう。

 2017年11月24日発売。定価1200円(税込)。
全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
定期購読はFujisan.co.jp(富士山マガジンサービス)へ
『SINRA』1月号の詳細はこちら→ http://sinraweb.jp/

【巻頭スペシャル】
「柴犬まるの主張」


 今号の表紙を飾るのは、インスタグラムのフォロワー約260万人超えの人気者「柴犬まる」。その笑顔に、多くの人々が癒されています。犬も人も、もっと笑ったほうがいい――、まるのメッセージは、同じ“動物”である私たち人間にも伝わるものがあります。まるの気持ち、犬たちの心の声に耳をすませば、日常生活に追われて忘れかけていた大切なことに気づくきっかけになるかもしれない。
 


【巻頭特集グラフ】
「シバ、里山に遊ぶ」
岩合光昭


 動物写真家・岩合光昭さんによる柴犬と日本の里山風景とのコラボレーション・グラフ。懐かしさを感じさせる日本の風景の中で、柴犬たちが元気に遊ぶ姿はとても愛おしく、思わず誌面を撫でたくなるはず? 柴犬たちへの深い愛情を感じさせる岩合ワールドが展開。


 【巻頭特集エッセイ】
「食卓のまわりにピノがいる!」
玉村豊男
 

 東京から信州へ引っ越して以来34年、犬とのつきあいを欠かせたことがないという玉村豊男さん。人生最後に飼うのは柴犬と決め、現在、愛犬ピノと暮らしている。柴犬は従順で飼いやすいと思いきや、ピノはなかなか気難しく自由気ままな性格で玉村さんを翻弄させます。ピノを通じて、森の中の動物たちや自然とのつながりを感じるという言葉には、命と絆についてしみじみと考えさせられます。


【犬と人の絆 それぞれのストーリー】
・いとうまい子と迷い犬・夏
・サーファー・北村吉代と柴犬ラニ


 女優のいとうまい子さんと迷い柴犬・夏、サーファーの北村吉代さんと柴犬ラニ、それぞれの絆の物語を通して、支え合う犬と人の関係が見えてきます。ラニが北村さんを海でじっと待つ後ろ姿には心打たれます。犬と人の絆とは。

【グラフ&ガイド】
柴犬だけじゃない!
 岩合光昭


「日本犬ビジュアル図鑑」
 岩合さんの写真で案内する日本犬図鑑。柴犬のほか、北海道犬、秋田犬、甲斐犬、紀州犬、四国犬などの国指定天然記念物の日本犬の種類と特徴を紹介。さまざまな日本犬たちの姿は、それぞれの風土や歴史とともに育まれた、生きる貴重な日本の遺産であることがわかるはずです。


【犬のカルチャー】
「柴犬の本棚」


 編集部が選んだ柴犬、日本犬、犬に関するさまざまな本や写真集を紹介。犬のことをもっと知りたい、見ているだけで癒される作品など。

【誌上セミナー】
「シニア柴犬の健康と食事学」


  愛犬、柴犬たちが元気で長生きするための健康と食事について学ぶ誌上セミナー。子犬から大人、やがて老犬となる、それぞれの犬のライフステージに合った健康管理のポイントを解説。人も犬も長生きの時代だからこそ、いつまでも元気に暮らすための食事と健康について、専門家に教えてもらいます。

◆◆◆その他の企画◆◆◆

【SINRAの旅】
六郷満山開山1300年
「神、仏、鬼――国東半島の奇跡をめぐる」
芦原 伸


 大分・国東半島の六郷満山は来年開山1300年。土地に伝えられてきた神仏習合の歴史と伝統。そこに息づく神と仏、さらには鬼をも含めた、独特の祭りや宗教行事、人々の暮らしと文化の背景を探る旅。

【特別企画】
「あの頃のレコードを聴こう!」


 デジタル全盛の時代だからこそ、見直され、逆に新しい、アナログの価値。アナログレコードの心地よさと独特の音質に、酔いしれるひとときを、あの頃のようにもう一度体験してみよう。オーディオファンだけでなく、新しいリスナーにも贈るレコードへの誘い。

【森羅万象エッセイ】
◆岳 真也「八分二分」
◆若菜晃子「岩木山」
◆布施英利「色鮮やかな海中の“内臓”」


【連載エッセイ】
玉村豊男「田園遊歩」
椎名 誠「ぼ・く・ら・は・み・ん・な・い・き・て・い・る」


【グラフ連載】
吉野 信のField Report
「草原の仲よしファミリー プレーリードッグ」


【トークイベントのご案内】
★京橋エドグラン・京橋縁カレッジ★
「大人の森羅万象学~第4回 柴犬の言いぶん(仮)」
作家・小林照幸さん × 本誌統括編集長・芦原 伸 対談
12月14日(木)19:00~20:30 参加費 2000円


 本号特集と連動し、『車いす犬ラッキー』の著者であり、『高安犬物語』などの戸川幸夫動物文学セレクションシリーズの監修でもある作家の小林照幸さんと本誌統括編集長の芦原 伸による「柴犬・日本犬・犬」をテーマとしたトークイベントを開催する予定です。アフターファイブに森羅万象をテーマに遊び学ぶ講座です。参加ご希望の方は下記HPよりお申込みください。
http://www.kyobashi-en-college.tokyo/class_sinra.html

 【株式会社天夢人】http://temjin-g.com/
2007年設立。現在『旅と鉄道』(発売:山と溪谷社)と『SINRA』(発売:新潮社)の2誌を発行しています。歴史や民俗、鉄道や文化遺産、食文化や音楽などを見聞し、伝える雑誌や書籍を発行・編集し、豊かな人生をおくるための生活情報を発信していきます。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人  SINRA編集部 担当:野口/武田
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: noguchi@temjin-g.com
URL: http://temjin-g.com 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インプレスホールディングス >
  3. 『SINRA』2018年1月号発売! 特集「柴犬の言いぶん」