核廃棄物マネジメント(処分)市場ー原子炉タイプ別;廃棄物タイプ別(低レベル廃棄物、高レベル廃棄物、および中レベル廃棄物);アプリケーション別–グローバル需要分析および機会の見通し2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「核廃棄物マネジメント(処分)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 17日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因と、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3331
核廃棄物マネジメント(処分)市場は、2022-2030年の予測期間中に、大量の収益を集め、最大3%のCAGRで成長すると推定されています。市場の成長は、人口増加率と都市化、原子力発電所を設立するための先進国および発展途上国への政府の投資の増加、および新興経済国における工業化の進展に起因する可能性があります。国連機関によると、2019年現在、世界には約13,400発の核兵器が存在しています。核兵器の数が最も多いのはロシアと米国で、それぞれ6,500発と6,185発です。

さらに、世界中で国家安全保障に関連する懸念が急増しており、核兵器の開発が激化しています。これにより、今後数年間でこれらのプラントからの核廃棄物管理の需要が高まると予想されます。また、世界的な炭素排出量の増加は、近い将来の市場成長のための豊富な機会を提供すると予測されています。

2018年、世界の総エネルギー供給量は14282 Mtoeであり、供給源の観点から最も高いシェアは石油によって占められ、31.6%を占めました。また、石炭(26.9%)、天然ガス(22.8%)、バイオ燃料と廃棄物(9.3%)、原子力(4.9%)、水力(2.5%)、その他(2.0%)がそれを続きました。2018年にはエネルギー需要が増加しましたが、2019年は冷暖房の需要の減少によりエネルギー効率が向上したため、遅い成長を目撃しました。しかし、2020年には、コロナウイルスの発生により、2020年の第1四半期に電力需要が2.5%減少し、ウイルスの拡散を制限するために政府がシャットダウンを課しました。これにより、世界のCO2排出量は5.8%減少し、2009年の世界金融危機の際に記録されたものの5倍と記録されました。


【調査レポートの日本語に詳細内容について】
https://www.researchnester.jp/reports/nuclear-waste-management-market/3331

 核廃棄物マネジメント(処分)市場のセグメンテーション洞察

核廃棄物マネジメント(処分)市場は、原子炉タイプ別(加圧水型原子炉、沸騰水型原子炉、ガス冷却型原子炉、および加圧水型原子炉);廃棄物タイプ別(低レベル廃棄物、高レベル廃棄物、および中レベル廃棄物);アプリケーション別(ユーティリティ、および産業)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

核廃棄物マネジメント(処分)市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

アジア太平洋地域の市場は、人口増加と中国やインドなどの国々での電力需要の増加を背景に、予測期間中に注目に値する成長を遂げると推定されています。2020年のインドの総電力消費量は860KWhに達し、これはアジア平均の約3分の2でした。さらに、原子力発電所の実装の増加は、アジア太平洋地域の市場成長を促進すると予測されています。
さらに、ヨーロッパと北米の市場も、米国、フランス、ロシア、英国などの国々での核兵器開発の増加、市場参加者の強い存在、これらの地域での核廃棄物マネジメント(処分)に対する環境問題の高まりにより、予測期間中に大幅に拡大すると予測されます。

核廃棄物マネジメント(処分)市場は地域に基づいてさらに区分されます。
  1. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  2. 北米(米国およびカナダ)
  3. 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  4. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  5. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

核廃棄物マネジメント(処分)市場​における主要企業
レポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の核廃棄物管理市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。核廃棄物管理市場における業界のリーダーはPerma-Fix Environmental Services, Inc.、Augean Plc、Svensk Kärnbränslehantering AB、US Ecology, Inc.、Ansaldo Energia S.p.A、Waste Control Specialists, LLC、Bechtel Corporation、Barlett Nuclear, Inc.、BHI Energy、Energy Solutionsなどです。

 レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3331

Research Nester Private Limited会社概要
LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/nuclear-waste-management-market/3331
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 核廃棄物マネジメント(処分)市場ー原子炉タイプ別;廃棄物タイプ別(低レベル廃棄物、高レベル廃棄物、および中レベル廃棄物);アプリケーション別–グローバル需要分析および機会の見通し2030年