世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油(市場調査)-プラスチック製別(低密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、ポリプロピレンなど);燃料タイプ別;アプリケーション別–予測2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2021年09月 20日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3337

世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場の成長は、化石燃料への依存を減らす必要性の高まりと、プラスチック廃棄物のリサイクルに対する需要の高まりに起因する可能性があります。急速な工業化により、原油の需要は増加していますが、資源は限られており、急速に枯渇しています。この燃料需要の高まりに対応するため、再生プラスチックやプラスチック廃棄物から得られる燃料の使用が増えています。これは、市場の成長を後押しすると推定されます。

単回使用プラスチックの形でのプラスチック廃棄物の量の増加も、市場の成長を大幅に後押しすると予測されています。UNEPの報告によると、世界中で毎年5兆個の単回使用ビニール袋が使用されています。世界中で年間3億トンのプラスチック廃棄物が発生しています。さらに、環境保全と固形廃棄物管理に関する一般の認識を拡大することは、予測期間中に市場の成長を後押しすると予想されるもう1つの主要な要因です。UNEPの別の報告によると、2020年の時点で、発生するプラスチック廃棄物の79%は、最終的に埋め立て地、ゴミ捨て場、または自然環境に排出されます。この廃棄物の約9%だけがリサイクルされています。

北米地域の市場は、米国やカナダなどの国々でのさまざまな市場プレーヤーの存在、プラスチック廃棄物を管理する当局間の懸念の高まりを背景に、予測期間中に最大のシェアを獲得すると推定されています。 環境保護庁(EPA)のデータによると、2018年には米国で3,570万トンのプラスチック廃棄物が発生しました。これは、都市ごみの発生量の12.2パーセントに相当します。さらに、代替燃料の使用に関する国民の意識の高まりは、地域市場の成長をさらに後押しすると推定されています。

アジア太平洋地域の市場は、発展途上国における工業化の増加、燃料の必要性の増大、およびプラスチック廃棄物の発生の拡大により、予測期間中に最大のCAGRを目撃すると推定されています。さらに、日本などの国々で「プラスチック廃棄物から石油へ」の技術の高採用により、市場の成長が促進されると推定されています。
 

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
 
  • ·世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場は、2022-2030年の予測期間中に10%の最の大のCAGRで成長することにより、重大の収益を上げると推定されています。
  • 世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場は、プラスチック製(低密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、ポリプロピレンなど);燃料タイプ別(ディーゼル、ガソリン、ナフサ、燃料油など);アプリケーション別(ICエンジン、燃料添加剤、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • 世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場における業界のリーダーはOMV Aktiengesellschaft、Plastic Energy、Agile Process Chemicals LLP、Jinan Niutech Environment Technology Corporation、Plastic Advanced Recycling Corporation、Brightmark LLC.、MK Aromatics Limited、Agilyx Corporation、Plastic2Oil, Inc.、nexus Fuels, LLCなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • 世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油への市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
 
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。 
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3337

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール  : info@researchnester.com
【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/recycled-plastic-and-plastic-waste-to-oil-market/3337
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の再生プラスチックおよびプラスチック廃棄物から石油(市場調査)-プラスチック製別(低密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、ポリプロピレンなど);燃料タイプ別;アプリケーション別–予測2030年