繊維補強コンクリート市場-タイプ別(天然繊維、合成繊維、鋼繊維、ガラス繊維、その他);アプリケーション別(建設、輸送インフラストラクチャ、鉱業、その他)–世界の需要分析と機会の見通し2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「繊維補強コンクリート市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 21日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3344

世界の繊維補強コンクリート市場は、2022-2030年の予測期間中に約8%のCAGRを目撃すると推定されています。市場の成長は、特に先進国と発展途上国における建設基準の改善に起因する可能性があります。繊維補強コンクリートは、主にコンクリートのひび割れを埋めたり、隙間を埋めたり、建設中の建物のその他の欠点を埋めるために使用されます。

道路や橋の亀裂を修正することは、コンクリート繊維の主な用途の1つです。さらに、従来のコンクリートとは対照的に、高い安定性、物理的耐久性、耐熱性などのコンクリート繊維の利点が市場の成長を後押しすると推定されています。建設業界は10兆米ドルを超える価値があり、世界経済の主要な部分を形成しており、これも市場の成長を後押しすると予想されています。

化学産業は経済の主要な構成要素です。米国経済分析局によると、2020年の米国の場合、GDPに占める化学製品の付加価値の割合は約1.9%でした。さらに、世界銀行によると、米国の化学産業は、2018年の製造業の付加価値の16.43%を占めています。エンドユーザーからの需要の高まりに伴い、化学製品の市場は将来的に成長すると予想されます。UNEP(国連環境計画)によると、化学物質の売上高は2017年から2030年にかけてほぼ2倍になると予測されています。現在のシナリオでは、アジア太平洋地域が最大の化学物質の生産と消費の地域です。中国には世界最大の化学産業があり、年間売上高は約1.5兆米ドルを超え、近年では、世界の売上高の約3分の1以上を占めています。

さらに、広大な消費者基盤と有利な政府の政策により、中国の化学産業への投資が後押しされています。低コストの原材料と労働力の容易な入手可能性、政府の補助金、および緩和された環境基準は、世界中の主要ベンダーの生産拠点として機能しています。一方、FICCI(Federation of Indian Chambers of Commerce&Industry)によると、インドの化学産業は2019年に1,630億ドルと評価され、世界の化学産業に3.4%貢献しました。また、世界の化学製品生産で6位にランクされています。この統計は、今後数年間でアジア太平洋諸国の企業に投資するための有利な機会を示しています。
 

調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/concrete-fibers-market/3344

レポートの主なハイライト
  • ·市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
  • レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
  • 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
  • レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

繊維補強コンクリート市場における主要企業

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。繊維補強コンクリート市場における業界のリーダーは、BASF SE、Sika AG、Propex Operating Company, LLC、Bekaert、ABC Polymer Industries, LLC、Owens Corning、Fibercon International Inc.、GCP Applied Technologies Inc.、Nycon、Synthetic Resources, Inc.

などです。

繊維補強コンクリート市場のセグメンテーション

繊維補強コンクリート市場は、タイプ別(天然繊維、合成繊維、鋼繊維、ガラス繊維、その他);アプリケーション別(建設、輸送インフラストラクチャ、鉱業、その他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

繊維補強コンクリート市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

北米地域の市場は、カナダや米国などの先進国で継続的な成長している建設業界、と都市人口の増加を背景に、予測期間中に最大のシェアを獲得すると推定されています。2020年の時点で、建設業界は米国のGDPの4%以上を占めており、これは世界最大の1つです。さらに、都市部への移住による都市化の進展は、建設活動の需要を増大させると予測されており、それが市場の成長を後押しすると推定されています。

世界銀行のデータによると、北米の総人口の82.36%が都市部の集落に住んでいます。同様に、ヨーロッパ地域の市場は、地域のインフラストラクチャの開発により、予測期間中に重大のシェアを獲得すると推定されています。

アジア太平洋地域の市場は、日本、シンガポール、中国、インド、香港などのいくつかの国で増加する人口に住宅施設を提供する政府のイニシアチブの増加を背景に、予測期間中に最大のCAGRを目撃すると推定されています。さらに、これらの国々での道路の開発、および全体的な経済発展は、市場の成長を後押しすると推定されています。

繊維補強コンクリート市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • ·アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3344

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/concrete-fibers-market/3344
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 繊維補強コンクリート市場-タイプ別(天然繊維、合成繊維、鋼繊維、ガラス繊維、その他);アプリケーション別(建設、輸送インフラストラクチャ、鉱業、その他)–世界の需要分析と機会の見通し2030年