SPルーティング・イーサネットスイッチング市場-コンポーネント別(ルーター、スイッチ);テクニック別;サービス差ビス別;エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2027年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「SPルーティング・イーサネットスイッチング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年09 月26日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-635

SPルーティングとイーサネットスイッチングとは、コンピュータネットワーク内の送信元から宛先へのデータまたは情報の送信を指します。SPルーティングとイーサネットスイッチングの主な機能には、高帯域でより高速なデータ速度のネットワークが含まれます。

世界中でインターネットユーザーの増加による帯域の必要性の高まりや高速データなどの要因は、世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を強化すると予想されます。さらに、ルーティングデバイスの開発の増加は、グローバルなSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を積極的に推進すると予想されます。

これとは別に、SPルーティングおよびイーサネットスイッチングサービスに関する政府のイニシアチブなどの要因も、予測期間中にグローバルSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場の成長を増加させると予想されます。

ユネスコ統計研究所によると、2017年の世界の研究開発費(GDPに占める割合)は2.09から2.21 に増加しました。さらに、テクノロジーベースの商品のインポートとエクスポートの増加、および常に進化するテクノロジーにより、多くの業界で大きな変化が観察されています。UNCTAD(国連貿易開発会議)が提供する統計によると、全体の情報および通信技術製品の割合(コンピューター、周辺機器、通信、家電製品など)の輸出に占める割合は、2012年に10.5%から2017年の11.5%に大幅に増加しました。これらの要因は、今後数年間でSPルーティング・イーサネットスイッチング市場の成長を牽引すると予想されます。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
  • 世界のSPルーティングおよびイーサネットスイッチング市場は、(2018〜 2027年)の予測期間中に最大なCAGRで拡大すると予想されます。
  • SPルーティング・イーサネットスイッチング市場は、コンポーネント別(ルーター、スイッチ);テクニック別(スイッチングテクニック、ルーティングテクニック);サービス差ビス別(展開サービス、運用管理サービス、製品サポートサービス、その他);エンドユーザー別(自動車、教育、銀行、金融サービスおよび保険(BFSI)、政府、ヘルスケア、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • SPルーティング・イーサネットスイッチング市場における業界のリーダーはCisco、Huawei Technologies Co., Ltd.、Juniper Networks, Inc.、Alcatel-Lucent、Hewlett-Packard Development Company, L.P.、Nokia Corporationなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • SPルーティング・イーサネットスイッチング市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
 


【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/sp-routing-and-ethernet-switching-market/635

SPルーティング・イーサネットスイッチング市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、他のアジア太平洋地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  •  中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-635

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容についてresearchnester.com/reports/sp-routing-and-ethernet-switching-market/635
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. SPルーティング・イーサネットスイッチング市場-コンポーネント別(ルーター、スイッチ);テクニック別;サービス差ビス別;エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2027年