バッタープレミックス市場ー種類別(厚さ、接着力、ビール、天ぷら、カスタマイズ)および用途別(野菜、肉、鶏肉、シーフードなど)–世界の需要分析と機会の見通し2029年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「バッタープレミックス市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年10月 22日 に発刊しました。バッタープレミックス市場は、2021ー2029年の予測期間,中に大幅なCAGRを記録すると予想されます
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2849

バッタープレミックスは、肉、家禽、野菜、魚、シーフードに塗布できる一種の食品コーティングであり、食品の食感、味、栄養を高め、調理時の水分レベルを維持するのに役立ちます。 肉製品やさまざまな肉ベースの料理に見られる食感は、食品がアタープレミックスでコーティングされている結果です。このバッターは通常、食品の折衷的な魅力を増し、揚げるときに食品の水分を保持する薄いコーティングです。

加工食品産業の進歩は市場の成長を後押しする予測

 近年、ミレニアル世代の間で加工食品の需要が高まっているため、加工性能を向上させ、機能性を向上させ、望ましい特性を実現するために、革新的な食品コーティング原料が必要になっています。すぐに調理できる加工肉およびシーフードミールの摂取に対する消費者の傾向の高まりも、市場の成長に大きく貢献しています。さらに、バッタープレミックスは、シーフードの香りを無効にし、食品に風味、サクサク感、適切な食感、味を加えるために特に使用されます。

食料品店とレストランの数の増加は、市場の成長を促進することです

ファストフード文化の急速な採用と、世界中のファストフード店とクイックサービスレストランの数の増加は、世界のバッタープレミックス市場の成長を後押しすると予想されています。さらに、先進国だけでなく新興国でも、若者からのファーストフード製品に対する幅広い需要があります。このような要因は、予測期間中に世界のバッタープレミックス市場の成長を推進すると予想されます。

食料品と消費財の増え続ける需要の注目すべき要因の一つは、世界中の人口の増加です。2020年5月現在、世界の人口は約78億人と推定されており、中国が最も人口が多く、次いでインド、アメリカが続きます。さらに、FAO(米国食糧農業機関)の統計によると、総土地面積の3分の1は2016年の農業に使用され、2015-2030年の間に、世界の年間作物生産量は1.4%で成長するとと予測されます。これらの要因は、バッタープレミックス市場の成長に大きく貢献しています。生産、保管、表示、包装、保管、その他の重要な機能、または世界経済の形成、FMCGおよび食品業界は、消費者の基本的なニーズに大きく貢献しています。バッタープレミックス市場の調査レポートは、クライアントが成長指標、課題、傾向、機会などのさまざまな側面と、ビジネスの成長を促進するために、市場に関連する可能性のあるリスクと戦略的洞察を理解するのに役立ちます。

バッタープレミックス市場のセグメンテーション
 


【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/batter-premixes-market/2849

レポートは、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威を含むいくつかの主要な市場ダイナミクスに強調いています。また、セグメントに焦点を当てています。バッタープレミックス市場は、種類別(厚さ、接着力、ビール、天ぷら、カスタマイズ)および用途別(野菜、肉、鶏肉、シーフードなど)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

バッタープレミックス市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。バッタープレミックス市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。バッタープレミックス市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、地域での肉、シーフード、揚げ物の消費の増加により成長していると予測

北米のバッタープレミックスの市場は、バッタープレミックスを製造および販売する地域の主要な市場プレーヤーの存在により、最大のシェアを保持すると予想されます。さらに、この地域の膨大な数のファストフード店やクイックサービスレストラン、およびこの地域での肉、シーフード、揚げ物の消費の増加は、この地域の市場の成長を促進すると予想されるいくつかの要因です。

バッタープレミックス市場における主要企業

バッタープレミックス市場における業界のリーダーはKerry Inc.、Bunge Limited、Newly Weds Foods、Associated British Foods plc、Cargill, Incorporated、Archer Daniels Midland Company、House-Autry、Euroma、McCormick & Company, Inc.、Showa Sangyo Co., Ltd.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2849

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について

https://www.researchnester.com/reports/batter-premixes-market/2849
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. バッタープレミックス市場ー種類別(厚さ、接着力、ビール、天ぷら、カスタマイズ)および用途別(野菜、肉、鶏肉、シーフードなど)–世界の需要分析と機会の見通し2029年