【JAF宮城】利府町と「観光振興に関する協定」を締結

JAF宮城支部が自治体(県市町村)と観光協定を締結するのは宮城県内で10例目

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)宮城支部(支部長 吉岡 博文)は8月30日(木)に利府町役場において、利府町(利府町長 熊谷 大)と「観光振興に関する協定」を締結しました。

写真左から利府町観光イメージキャラクター「リーフちゃん」、利府町 熊谷町長、JAF宮城支部 吉岡支部長写真左から利府町観光イメージキャラクター「リーフちゃん」、利府町 熊谷町長、JAF宮城支部 吉岡支部長

本協定はJAFと利府町が持つ資源を有効活用し、相互に協力をしながら観光振興を通じて地方創生に寄与することを目的とした協定で、JAF宮城支部が自治体(県市町村)と協定を締結するのは宮城県内で10例目となります。(宮城県・白石市・丸森町・松島町・川崎町・仙台市・村田町・蔵王町・栗原市)

今後、JAFは機関誌「JAF Mate」やホームページ内観光情報サイト「JAFナビ」などを通じて、利府町の地元いちおしのドライブ情報や特産品などの観光情報を全国にむけてPRを行ったり、共同でイベントを行うことで、観光客の誘致と、地域活性化を図る予定です。

JAFでは、今後も各自治体との連携を拡大し、地域の観光振興の発展に努めて参ります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF宮城】利府町と「観光振興に関する協定」を締結