新型コロナウイルスを乗り越えるためのパートナーシップ強化について-お取引先さまに対する「家賃支援給付金」申請サポートを開始-

株式会社丸井(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青野真博)は、休業期間中の家賃全額免除をはじめとする支援に続き、お取引先さまとのパートナーシップ強化策として「家賃支援給付金」の申請サポートを開始いたします。
新型コロナウイルス感染拡大の第2波の到来も囁かれており、共創パートナーであるお取引先さまにとって厳しい状況が続いています。本日から政府による「家賃支援給付金」の申請が始まりましたが、この制度の対象となるスタートアップ企業などの中小企業や個人事業者等が、当社にご出店いただいているテナントさまの8割以上を占めています。申請には多くの書類とさまざまな手続きが必要なため、お取引先さまからは「申請の手続きがよくわからない」「書類を集めるのに手間がかかる」等の声があがっています。

こうした状況を受けて、当社は事業活動の指針である共創理念に基づき、マルイ・モディ店舗にご出店いただいているお取引先さまを対象に、「家賃支援給付金」が速やかに受給できるよう全面的にサポートすることといたしました。政府から公表されている情報を基に、申請方法や必要書類を整理してお伝えするとともに、申請サポートダイヤルを開設し、お取引先さまからの問合せに対応してまいります。

私たちは、すべての人が『しあわせ』を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現をめざしています。そのためには、大手の企業だけではなく、多様な価値観を持ち、独自の商品やサービスを展開する中小規模の企業や個人事業者の皆さまの存在が欠かせません。今後も お取引先さまとの共創により、お客さまにさまざまな選択肢を提供し、魅力ある店舗づくりを推進してまいります。

○丸井グループのこれまでの新型コロナウイルスへの対応についてはこちらをご覧ください
「Together,We Shall Overcome」 https://www.0101maruigroup.co.jp/together/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. 新型コロナウイルスを乗り越えるためのパートナーシップ強化について-お取引先さまに対する「家賃支援給付金」申請サポートを開始-