グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場-製品別、技術別「2021-2030年の予測期間中に世界中で8.65%のCAGRを登録」-業界の需要分析と機会評価

Research Nester Private Limitedは調査レポート「グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年11月26日 に発刊しました。このレポートは、2019-2030年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。
タンパク質精製とは、複雑な混合物から単一タイプのタンパク質を分離することを目的とした一連のプロセスを指します。タンパク質の単離と精製は、多くの実験の最初のステップの一つであり、タンパク質の構造や生物学的活性の測定に役立ちます。世界および東南アジアのタンパク質精製および単離市場は、2019年に6,267.60百万米ドルに達し、2021-2030年の予測期間中に世界中で8.65%のCAGRを登録することにより、2030年までに15,610.92百万米ドルに達すると予想されています。

新しいタンパク質ベースの薬物分子を特定する必要性が高まり、製薬およびバイオテクノロジー分野での研究活動が増加しているため、市場は成長すると予想されます。タンパク質サンプルを迅速に調製、スクリーニング、精製、濃縮するための迅速な精製キットに対する需要の高まりも、市場の成長に貢献しています。

世界および東南アジアのタンパク質精製および分離市場は、地域別によって北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、東南アジア、中東およびアフリカに分割されています。これらの地域の中で、北米の市場は2019年に1638.48百万米ドルの価値とともに、26.14%の最大の市場シェアを記録し、2030年末までに4111.92百万米ドルの価値に達すると予想されています。また、予測期間中に8.72%のCAGRで成長すると予想されます。
 


【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/global-and-southeast-asia-protein-purification-and-isolation-market/2725

より正確で精製キットに対するニーズの高まり

精製されたタンパク質は、構造研究やinvitro生化学的アッセイを含む一連の実験アプリケーションに必要です。タンパク質は、培養中または組織から酵母、細菌、または哺乳動物細胞で過剰発現させることによって得ることができます。それらの物理的特性の違いに基づいて、タンパク質精製は、ソースからタンパク質を分離することを含みます。タンパク質精製の目的は、汚染物質が最も少なく、機能性タンパク質を最大限に保持することです。タンパク質の精製は、最小のステップ数でこのプロセスを完了するために最適化する必要があります。

さらに、いくつかの新しいタンパク質分子の正確な同定、および最小限の汚染物質による機能性タンパク質の精製と単離の必要性が高まっているため、技術的に高度な技術に対する需要も高まっています。

グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場のセグメンテーション洞察

グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場は製品別(機器および消耗品)および技術別(限外ろ過、沈殿、クロマトグラフィー、電気泳動、ウエスタンブロッティングなど)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場におけるキープレイヤー                                                                          
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のグローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場における業界のリーダーは southeast Asia protein purification & isolation market are Thermo Fisher Scientific Inc., Merck KGaA, Sigma-Aldrich Co., QIAGEN GmbH, Bio-Rad Laboratories, Inc., Agilent Technologies, General Electric Company, Abcam plc and F. Hoffmann-La Roche Ltdなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2725

調査レポートの詳細内容について

https://www.researchnester.com/reports/global-and-southeast-asia-protein-purification-and-isolation-market/2725

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : info@researchnester.com


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバルおよび東南アジアのタンパク質精製・分離市場-製品別、技術別「2021-2030年の予測期間中に世界中で8.65%のCAGRを登録」-業界の需要分析と機会評価