オンライン決済ゲートウェイ市場-製品タイプ別(セルフホスト型、非ホスト型、ローカルなど)、セクター別、アプリケーション別-世界の歴史的成長と将来の見通し(2018-2027年)需要分析と機会評価

Research Nester Private Limitedは調査レポート「オンライン決済ゲートウェイ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年11月 26日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。
調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-846

オンライン決済ゲートウェイ市場とは、買い手と売り手の間のスムーズなオンライン取引を行うのに役立つ市場の一種を指します。これは、トランザクションが支払いポータル間で重要な情報を転送することにより、デビットカードとクレジットカードの支払いを処理するeコマースサービスです。

Research Nesterが実施した最近の調査によると、オンライン決済ゲートウェイの世界市場は、2018ー2027年の予測期間中に16%の適度なCAGRで成長すると予想されています。オンライン決済ゲートウェイ市場は、2027年末までに895億米ドルの収益を生み出すと予想されています。

オンライン決済ゲートウェイは、オンライントランザクションプロセスで重要な役割を果たします。そのサービスは、商業銀行の多くの金融サービスプロバイダーの1つによって提供されています。オンライン決済ゲートウェイは、eコマーストランザクションプロセスが支払い処理業者と支払いゲートウェイの間で安全に行われることを確認します。

ペイメントゲートウェイは、暗号化、承認、トランザクションの完了などのいくつかのタスクを実行することにより、マーチャントと顧客の間の資金の転送を承認するプロセスです。承認されると、適切な応答が生成され、支払い処理業者がトランザクションデータを評価して送信します。

オンライン決済ゲートウェイ市場のセグメンテーション

オンライン決済ゲートウェイ市場は、製品タイプ別(ホスト型、セルフホスト型、非ホスト型、ローカル、直接、プラットフォームベース)、セクター別(銀行、金融サービス、小売、電気通信、ヘルスケアおよびその他)、アプリケーション別(中小企業、中小企業、大企業)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

地域によってセグメンテーション

オンライン決済ゲートウェイ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米市場の成長を推進する主な要因は、オンラインショッピングの電子決済への消費者の依存です。インターネットサブスクリプションの必要性が高まるにつれ、地元のベンダーはオンラインビジネスプラットフォームを多用して、インドや中国などの国でオンライン購入を大幅に増やしています。
 


【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/online-payment-gateway-market/846

オンライン決済ゲートウェイ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「オンライン決済ゲートウェイ市場」というタイトルのレポートは、オンライン決済ゲートウェイ市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

オンライン決済ゲートウェイ市場における主要企業

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のオンライン決済ゲートウェイ市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。オンライン決済ゲートウェイ市場における業界のリーダーはPayPal、Amazon、Avangate、Stripe、AsiaPay、Dwolla、Pagosonline、MyGate、CCBill、MercadoPago

などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-846

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について

https://www.researchnester.com/reports/online-payment-gateway-market/846

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : info@researchnester.com


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. オンライン決済ゲートウェイ市場-製品タイプ別(セルフホスト型、非ホスト型、ローカルなど)、セクター別、アプリケーション別-世界の歴史的成長と将来の見通し(2018-2027年)需要分析と機会評価