work with Pride「PRIDE指標 2020」において最高評価「ゴールド」を4年連続で受賞

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、このたび、LGBTQなどの性的マイノリティに関するダイバーシティマネジメントの促進と定着を支援する任意団体work with Prideが策定する「PRIDE指標 2020」において最高評価である「ゴールド」を4年連続で受賞いたしました。

《PRIDE指標とは》

2016年に策定された、職場におけるLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティの取り組みの評価指標です。PRIDEの各文字に合わせ、Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティ)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement・Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つを指標化し、企業の取り組みを評価するものです。
※PRIDE指標の詳細はこちら → http://www.workwithpride.jp/pride.html

■ 丸井グループがめざすもの
丸井グループは、誰も置き去りにされることなく、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現をめざしています。
お客さまの「ダイバーシティ&インクルージョン」として、年齢・性別・身体的特徴を超え、高齢者、障がい者、外国人、LGBTQの方々など、すべてのお客さまに喜んでいただける商品・サービス・店舗づくりを追求しています。

※当社のめざす「共創サステナビリティ経営」「丸井グループ ビジョン2050」についてはこちらをご覧ください

「共創経営レポート 2020(日本語版)」

→ https://www.0101maruigroup.co.jp/ir/lib/i-report.html
「VISION BOOK2050(日本語版)」
→ https://www.0101maruigroup.co.jp/sustainability/lib/s-report.html




■丸井グループのおもな取り組み
丸井グループでは、2016年より社員や店舗のお取引先さまを対象に、LGBTQ研修を定期的に実施しています。受講者は累計で約5,350名(2020年8月時点)となりました。聴覚障がいのある社員が受講できるよう同時手話通訳の実施や、物流部門で夜間業務に従事する社員を対象に夜間の研修も実施しました。また、2019年9月にはLGBTQなどに関する情報発信を行うプライドハウス東京との提携カード「プライドハウス東京エポスカード」を発行し、お客さまとの共創による継続的なLGBTQ支援を行っています。お客さまからいただくデザインカード発行料500円が全額「プライドハウス東京」へ寄付され、カードのご利用実績に応じて付与されるエポスポイントも寄付にあてることができ、お客さまが日常生活の中で簡単に支援できるカタチを実現しています。

筑紫女学園大学LGBTQ同好会の学生さんと博多マルイ社員筑紫女学園大学LGBTQ同好会の学生さんと博多マルイ社員

2019年11月には九州レインボープライドにて 筑紫女学園大学のLGBTQ同好会「Caapa(チャーパ)」の学生の皆さまと共創し、一緒にブースを企画・運営しました。「すべての人が自分らしくいられる未来に向けて」というテーマでご来場の皆さまからメッセージを集めました。そして、集まったメッセージの数にもとづき、丸井グループから認定NPO法人ReBitさまの小中学生向けLGBTQ教材の支援活動へ寄付させていただき、学生の皆さまと一緒に多くの方の想いを次世代支援へとつなげる取り組みを行いました。



■ 丸井グループの概要
商号     :株式会社 丸井グループ
本社所在地  :〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   :03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
URL    :https://www.0101maruigroup.co.jp
代表取締役社長:青井 浩
主な関連会社 :㈱丸井、㈱エポスカード、㈱エイムクリエイツ ほか
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. work with Pride「PRIDE指標 2020」において最高評価「ゴールド」を4年連続で受賞