デジタルキオスクディスプレイ市場-オファリング別;タイプ別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク);最終用途別(ヘルスケア、BFSIなど)–世界の需要分析と機会の見通し2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「デジタルキオスクディスプレイ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年11月 29日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3563

世界のデジタルキオスクディスプレイ市場の成長は、決済およびセキュリティテクノロジーの開発の増加、およびいくつかの業界で強化された視覚化を提供する高度なテクノロジーの出現に起因する可能性があります。2021年末までに、約250万枚の生体認証ベースの支払いカードが発行されると計算されています。さらに、ユーザーの35%は、オンラインで製品を購入するためにスマートスピーカーを使用すると評価されています。

さらに、自動化システムに対する需要の高まりとセルフサービスシステムの採用に対する消費者の関心の高まりも、今後数年間で市場の成長を促進する重要な要因になると予想されます。いくつかの著名なキオスクのメーカーは、AIベースのテクノロジーの開発とデジタルキオスクディスプレイへの統合を開始しました。これは、近い将来、市場に豊富な成長機会を提供すると予測されています。

アジア太平洋地域の市場は、BFSI、観光、小売業界の拡大、およびこの地域での消費者の購買力の増加を背景に、予測期間中に注目に値する成長を遂げると推定されています。経済協力開発機構(OECD)から提供されたデータによると、日本の家計収入は2017年に0.6%の年間成長率を示しました。一方、オーストラリアは2019年に4.4%の成長率を示しました。

デジタルキオスクディスプレイ市場は、情報技術産業における技術革新の成長を背景に、過去数年間継続的な成長を目撃しています。モノのインターネット(IOT)と人工知能(AI)を多数の産業用および住宅用アプリケーションに急速に統合することにより、デジタルキオスクディスプレイ市場は今後数年間で大幅に成長すると予想されます。米国のIT業界は、世界中のテクノロジーセクターで約30%の最大のシェアを占めています。デジタルキオスクディスプレイ市場の成長は、多くの業界でデジタルトランスフォーメーションを可能にする率の上昇によって大いな影響を受けると予測されます。2017年と比較して、2018年のICTおよびテレコムのテクノロジー支出は約5%の成長を記録しました。2019年に製造業は、デジタルトランスフォーメーション約3400億米ドルを投資したと推定されています。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
  • 世界のデジタルキオスクディスプレイ市場は、大量の収益を獲得し、(2022-2030年)の予測期間中に7%のCAGRで成長すると推定されています。
  • デジタルキオスクディスプレイ市場は、オファリング別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス);タイプ別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク);および最終用途別(ヘルスケア、BFSI、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • デジタルキオスクディスプレイ市場における業界のリーダーはOlea Kiosks Inc.、NCR Corporation、Samsung Electronics、LG Display、NEC Corporation、Panasonic Corporation、lilitab, LLC、Frank Mayer and Associates, Inc.、IER SAS、Diebold Nixdorf AGなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • デジタルキオスクディスプレイ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
デジタルキオスクディスプレイ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

         i.     北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。

         ii.     ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

        iii.     アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

       iv.     中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3563

 Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール  : info@researchnester.com

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/digital-kiosk-display-market/3563

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/digital-kiosk-display-market/3563
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. デジタルキオスクディスプレイ市場-オファリング別;タイプ別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク);最終用途別(ヘルスケア、BFSIなど)–世界の需要分析と機会の見通し2030年