ウイルス性疣贅治療市場ー処理別(物理的破壊、化学的破壊、免疫調節、およびその他);投与方法別;医薬品流通チャネル別;およびエンドユーザー別–グローバル需要分析と機会の見通し2030別

Research Nester Private Limitedは調査レポート「ウイルス性疣贅治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年12月 20日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3632

世界のウイルス性疣贅治療市場は、高い収益を上げ、2022-2030年の予測期間中にCAGRが約3%で成長すると推定されています。市場の成長は、世界中で皮膚疾患の高い有病率、および 疣贅に苦しむ人々の症例数の急速な増加に起因する可能性があります。2021年8月の時点で、疣贅は世界中の人口の約10パーセントに影響を及ぼしています。病気の有病率は幼児で10パーセントから20パーセントと高いです。

さまざまな製薬会社が実施する治験の増加、およびウイルス性疣贅の特定の洗練された治療法を開発するための投資の急増も、今後数年間で市場の成長を後押しすると予想される重要な要因です。さらに、先進国および発展途上国におけるヘルスケアセクターの発展の拡大、および人口の増加は、近い将来、市場成長のための有利な機会を提供すると予測されています。
 


ウイルス性疣贅治療市場のセグメンテーション洞察

ウイルス性疣贅治療市場は、処理別(物理的破壊、化学的破壊、免疫調節、およびその他);投与方法別(注射剤、経口剤、その他);医薬品流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局);およびエンドユーザー別(病院、在宅医療、専門クリニック、その他)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

ウイルス性疣贅治療市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカなど地域によって分割されます。

北米の市場は、この地域でのさまざまな治療オプション、確立された医療インフラストラクチャ、および高い医療費に関する意識の高まりを背景に、予測期間中に最大のシェアを集めると推定されています。米国疾病予防管理センターによって提供されたデータによると、米国の国民医療費の合計は、2018年に3.6兆米ドル(一人当たり11,172米ドル)を占めました。

その年のGDPのシェアと同じの合計値は17.7パーセントでした。さらに、医薬品の承認の増加も、今後数年間でこの地域の市場成長を後押しすると予想されます。また、ヨーロッパの市場も予測期間中に顕著なシェアを獲得すると予測されています。これは、ヘルスケアセクターでの研究開発活動の成長と、この地域での著名な市場プレーヤーの存在に起因する可能性があります。

ウイルス性疣贅治療市場は地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

ウイルス性疣贅治療市場におけるキープレイヤー

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のウイルス性疣贅治療市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。ウイルス性疣贅治療市場における業界のリーダーはPfizer, Inc.、Teva Pharmaceutical Industries Ltd、Phio Pharmaceuticals Corp.、GlaxoSmithKline Plc、Bausch Health Companies, Inc.、Mylan N.V.、Taro Pharmaceutical Industries Ltd、Verrica Pharmaceuticals Inc.、Novan Inc、Merck & Co., Inc.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3632

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/viral-warts-treatment-market/3632

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/viral-warts-treatment-market/3632

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : info@researchnester.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. ウイルス性疣贅治療市場ー処理別(物理的破壊、化学的破壊、免疫調節、およびその他);投与方法別;医薬品流通チャネル別;およびエンドユーザー別–グローバル需要分析と機会の見通し2030別