よりステークホルダー視点を活かす経営体制へ 長期エンゲージメント投資、サステナビリティ、Well-beingの専門家を取締役候補者に選任

2021年5月12日

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、本日の取締役会において新たな取締役候補者を選任し、6月25日(金)に開催する第85回定時株主総会に付議することを決議いたしました。長期エンゲージメント投資、サステナビリティ、Well-being各分野の専門家を取締役に加えることで「共創サステナビリティ経営」を加速させ、さらなる企業価値向上につなげてまいります。
株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、本日の取締役会において新たな取締役候補者を選任し、6月25日(金)に開催する第85回定時株主総会に付議することを決議いたしました。長期エンゲージメント投資、サステナビリティ、Well-being各分野の専門家を取締役に加えることで「共創サステナビリティ経営」を加速させ、さらなる企業価値向上につなげてまいります。

<取締役候補者>

<株主総会承認後の体制>
・社内取締役の2名減員により取締役の員数は6名となり、独立社外取締役比率は50%に向上
・女性取締役比率は33%となり、監査役を含めた女性役員比率も30%まで拡大

■ 丸井グループがめざすもの

丸井グループでは、お客さまをはじめ、株主・投資家の皆さま、お取引先さま、地域・社会、社員に、将来世代を加えた6つのステークホルダーの利益としあわせの重なる部分を企業価値と定義し、ステークホルダーとともにその拡大をめざす「共創サステナビリティ経営」をすすめています。
今回の取締役候補者は、現任の当社代表取締役社長 代表執行役員CEOの青井浩、取締役常務執行役員CFOの加藤浩嗣、ダイバーシティの造詣が深く会社経営の経験と幅広い見識を有する岡島悦子氏を再任。加えて、当社株主であるみさき投資株式会社の代表取締役社長を務め、経営者・従業員・株主による「三位一体の経営」で中長期的な企業価値向上をめざす中神康議氏、環境の専門家であり当社のサステナビリティアドバイザーを務めるピーターD.ピーダーセン氏、当社専属産業医でありWell-being経営の推進者で執行役員CWOを務める小島玲子を新任メンバーとし、これまで以上にさまざまなステークホルダーの視点で多面的な角度から議論できる構成となっています。
また、2022年3月期からスタートする5カ年の中期経営計画では、「事業戦略×資本政策×インパクト」を骨子に掲げ、ビジネスインパクトとソーシャルインパクトの両立をめざしており、今後の経営に収益性とサステナビリティの視点は欠かせないものとなります。中神康議氏の持つ、経営コンサルティング会社や投資運用会社での豊富な経験で培った企業経営に関する高い知見や、ピーターD.ピーダーセン氏の持つ環境・サステナビリティ分野におけるグローバルで先進的な経験と知見は中期経営計画の達成だけでなく、当社のミッション・ビジョンの実現に向けた推進力になると考えております。
今後も丸井グループは、ステークホルダーの皆さまとともに、金銭的な価値で測れる「利益」と金銭的な価値では測れない「しあわせ」の調和と拡大をめざす「共創サステナビリティ経営」をすすめてまいります。

<新任取締役候補者>

中神 康議 (なかがみ やすのり)
みさき投資株式会社代表取締役社長。大学卒業直後から経営コンサルティング業界に入る。 アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、コーポレイトディレクション(CDI)のパートナーとして、約20年弱にわたり幅広い業種で経営コンサルティングに取り組む。数多くのクライアント企業価値向上の実体験を元に、『働く株主®』投資モデルの有効性を確信。2005年に投資助言会社を設立し、上場企業への長期エンゲージメント投資活動を開始。数々のエンゲージメント成功事例を生む。2013年にみさき投資を設立し、引き続きエンゲージメント投資に取り組んでいる。カリフォルニア大学バークレー校経営学修士(MBA)・日本取締役協会 独立取締役委員会委員長・独立行政法人経済産業研究所コンサルティングフェロー。
 

ピーターⅮ. ピーダーセン
特定非営利活動法人ネリス代表理事、大学院大学至善館専任教授。CSR・環境コンサルティングを手がける株式会社イースクエアを2000年に共同創業し、2011年まで同社の代表取締役社長を務める。その間、日本を代表する大手企業の事業・環境・CSR戦略、コミュニケーション・マーケティング調査、人材育成などに携わり、2002年には、LOHASなどの新たなコンセプトを米国より日本に紹介し、日本初のLOHASマーケティング調査を複数年実施。現在は、世界の若手リーダー育成を活動テーマとする特定非営利活動法人ネリスの代表理事として、世界と日本企業における「次世代リーダー」の育成に尽力している。


 

小島 玲子 (こじま れいこ)
丸井グループ執行役員CWO(Chief Well-being Officer)、ウェルネス推進部長。2000年医師国家試験合格。内科系臨床研修修了後、定期的に心療内科の外来診療を担当。2002年より大手メーカー専属産業医として約10年間勤務。2006年より人と組織の活性化について研究するため、北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学に在籍し、2010年に医学博士号を取得。2011年当社専属産業医として着任。2014年に健康推進部(現ウェルネス推進部)の部長となり、全社プロジェクトやトップ層向けプログラムを企画・実践。人・組織・社会のしあわせをめざすWell-being経営の推進役となる。2019年当社執行役員。日本産業衛生学会指導医、社会医学系指導医、労働衛生コンサルタント(保健衛生)。


■ 丸井グループの概要
商号     :株式会社丸井グループ
本社所在地  :〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   :03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
URL    :https://www.0101maruigroup.co.jp
代表取締役社長:青井 浩
おもな関連会社:㈱エポスカード、㈱丸井、㈱エムアンドシーシステム ほか
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. よりステークホルダー視点を活かす経営体制へ 長期エンゲージメント投資、サステナビリティ、Well-beingの専門家を取締役候補者に選任