ロボット「ATOM」が「石巻市SDGs広報大使」に就任!

“自治体と出版社”ががっちりタッグを組んで、キャラクターの力とコンテンツの展開力を生かした新しいチャレンジーー「石巻市-講談社SDGs推進連携協定企画」の詳しい内容を発表いたします。

漫画の街・石巻市の「SDGs広報大使」に、講談社の鉄腕アトムのロボット「ATOM」が就任し、この度、石巻市の亀山紘市長から、任命式が行われました。これは「石巻市-講談社SDGs推進連携協定企画」(SDGs推進企画)の一環として発表されたもので、自治体と出版社ががっちりタッグを組んで、キャラクターの力とコンテンツの展開力を生かした新しいチャレンジです。ゲストには、鉄腕アトムの産みの親である手塚治虫氏の手塚プロダクション取締役・清水義裕氏、吉本興業SDGs担当・横澤夏子氏が臨席しました。

石巻市・亀山紘市長と、「石巻市SDGs広報大使」に任命された、講談社のコミュニケーション・ロボットATOM石巻市・亀山紘市長と、「石巻市SDGs広報大使」に任命された、講談社のコミュニケーション・ロボットATOM

「石巻市SDGs広報大使」に任命されたATOMを囲んで、亀山紘市長と、手塚プロダクション取締役・清水義裕氏、吉本興業・SDGs担当・横澤夏子氏、講談社・ATOMプロジェクト統括 奈良原氏「石巻市SDGs広報大使」に任命されたATOMを囲んで、亀山紘市長と、手塚プロダクション取締役・清水義裕氏、吉本興業・SDGs担当・横澤夏子氏、講談社・ATOMプロジェクト統括 奈良原氏

 

 株式会社講談社(東京都文京区)は、宮城県石巻市と「石巻市-講談社SDGs推進連携協定企画」を締結し、内閣府が今年7月に10都市で決定した「自治体SDGsモデル事業」の取り組みの一つとして、本日、石巻市の亀山紘市長から、コミュニケーション・ロボットATOMが「石巻市SDGs広報大使に任命」されたことを発表します。講談社は今年1月、国連の「SDGメデイア・コンパクト」に加盟し、SDGsの啓もう活動に全社的に取り組んでいく取り組みの一つです。これから2021年3月の「東日本大震災」10年に向け、さまざまな施策で石巻市のSDGsの啓もう活動に連携・協力してまいります。

 11月12日(木)11時から行われた任命式・記者発表では、石巻市の亀山紘市長が登壇し、石巻市が内閣府の「自治体SDGsモデル事業」10都市に選ばれた取り組みの全体像を説明。その取り組みにコミュニケーション・ロボットを活用し、地元の高校生が組み立てたロボットATOMを、地元の高齢者宅で活用することで、高齢者に親しみをもって接してもらい、孤立を防ぎデジタルデバイドの解消を図るとのこと。さらに将来的には、市のスマートモビリテイなどとの連携も視野にいれているとのことです。
また、「石ノ森萬画館」があり、街かどに「仮面ライダー」の彫像がたっている「漫画の街・石巻市」というキャッチフレーズも持つ石巻市ならではの施策として、講談社の鉄腕アトムのロボット「ATOM」を、「石巻市SDGs広報大使」として正式に任命。石巻市民のSDGsへの理解を促進し、市のSDGsの具体的施策をわかりやすく、漫画・ショートアニメ・アプリで遡及するため、講談社のコンテンツの展開力を活用する「連携協定企画」を締結しました。

 任命式では亀山紘市長自ら、「ロボットATOM」に任命状を手渡し、ATOMは、「一生懸命がんばります!」と拝命。亀山市長は、「ATOMを地元の高校生が組み立てることで、IT人材の早期からの育成に役立てたい。漫画の街・石巻市の未来に向けてのチャレンジを、もっとたくさんの人に知ってもらうためにも、SDGs広報大使として期待しています」と語った。ゲストの手塚プロダクション取締役の清水義裕氏は、「手塚治虫も30年前に、まだ「持続可能」という言葉はなかったが、経済と社会だけでなく、「環境」という概念を発信していた。ATOMロボットに頑張ってもらいたい」とコメント。同じくゲストの、吉本興業SDGs担当の横澤夏子さんは、「母親になって、SDGsということをより考えるようになりました。ロボットATOMは、子どもたちや高齢者にとって、とても親しみやすい存在になると思います」と、語りました。

 実際には、ロボットATOMは、石巻市の市庁舎や公民館で「SDGs広報大使」として市民に親しんでもらいながら、3つの手法で、SDGsを啓もうします。
まず、人気漫画家・まずりん氏が描き下ろした「SDGs漫画小冊子」を10万部無料配布するほか、「SDGs解説ショートアニメ」、SDGsの17項目を博物館をめぐる仕立てでガイドする「SDGsアプリ」をiOS、androidでリリースするなど、全世代に遡及するための表現方法で、市民に石巻市のSDGs施策をわかりやすく説明し、毎日の生活のなかでできるSDGsの実践例を広く推進していきます。
 

取り組み①「SDGs漫画小冊子」

 

「独身OLのすべて」などで人気の漫画家・まずりん氏の描きおろし「SDGs漫画」で、石巻市のSDGsの取り組みなどをくわしく紹介します。10万部無料配布を予定「独身OLのすべて」などで人気の漫画家・まずりん氏の描きおろし「SDGs漫画」で、石巻市のSDGsの取り組みなどをくわしく紹介します。10万部無料配布を予定

 

 

取り組み②「SDGsショートアニメ」

「SDGsって何?」をテーマに、ロボットATOMが分かりやすく教えてくれるショートアニメを公開します。全7話からなる、誰にでも分かりやすくSDGsを学べるストーリーで、石巻市公式SNSや専用YouTubeちゃんねる、七十七銀行のサイネージなどで放映されます「SDGsって何?」をテーマに、ロボットATOMが分かりやすく教えてくれるショートアニメを公開します。全7話からなる、誰にでも分かりやすくSDGsを学べるストーリーで、石巻市公式SNSや専用YouTubeちゃんねる、七十七銀行のサイネージなどで放映されます


 

 

取り組み③「SDGsアプリ」

iOS版とandroid版で公開されるアプリケーション「石巻市SDGs博物館」は、SDGsの17の目標を学べるコンテンツや、SDGs漫画、SDGs動画を楽しめます。App storeとGoogle play storeより無料でダウンロードできますiOS版とandroid版で公開されるアプリケーション「石巻市SDGs博物館」は、SDGsの17の目標を学べるコンテンツや、SDGs漫画、SDGs動画を楽しめます。App storeとGoogle play storeより無料でダウンロードできます

 

この石巻市と講談社の「自治体と出版社がタッグを組んだ」SDGs推進へのユニークな取り組みに、ぜひ、ご注目ください。


【資料】

石巻市の「SDGsモデル事業」の全体の取り組み石巻市の「SDGsモデル事業」の全体の取り組み

 

石巻市にある「石ノ森萬画館」と、「マンガロード」にある「仮面ライダー」の像石巻市にある「石ノ森萬画館」と、「マンガロード」にある「仮面ライダー」の像

 

石巻市の市庁舎で、職員や市民から親しまれるロボットATOM石巻市の市庁舎で、職員や市民から親しまれるロボットATOM

地元の高校生が組み立て、高齢者宅で、親しみをもって活用していく地元の高校生が組み立て、高齢者宅で、親しみをもって活用していく

 

©TEZUKA PRO/KODANSHA 2018年に鉄腕アトムのロボットとして「完成版」が発売。現在も多くの家庭で継続して愛されている。現在は、「ロボットゆうえんち」で販売中©TEZUKA PRO/KODANSHA 2018年に鉄腕アトムのロボットとして「完成版」が発売。現在も多くの家庭で継続して愛されている。現在は、「ロボットゆうえんち」で販売中

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. ロボット「ATOM」が「石巻市SDGs広報大使」に就任!