あべ弘士さん最新作『ギザ耳ラグ』の作者コメントが到着。懸命に生きるウサギ親子の姿が胸を打つ。

命のつながりを描く「あべシートン」第2巻が12月10日(木)に発売。

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:影山博之)は、小学校低学年向けの読み物『ギザ耳ラグ』(あべ弘士のシートン動物記②)を、2020年12月10日(木)に発売いたします。

シートン生誕160周年の2020年に創刊された、あべ弘士さんによるシートン動物記のシリーズ。音読したときのリズムにこだわった文章で、すべてのページに挿絵が入っているので、読み聞かせや、お子さまのはじめてのシートン動物記にもぴったり。ふりがな付きのオールカラーです。

 
  • この冬、親子でよみたい1冊
ヘビにかみつかれ、耳がギザギザになってしまった子ウサギ、ラグ。
森で生きぬく技と知恵をお母さんウサギに教わりながら、いくつもの冒険を通して、成長していきます。
天敵だらけの森の中で、懸命に生きる子ウサギの学び、成長、そして別れ。
自然の厳しさ、そして命のつながりをまっすぐに描いた、絶対に読んでおきたい名作です。

 

  • あべ弘士さんコメント
作者のあべ弘士さんから、本書についてのコメントをいただきました。

あべさんは2018年、2019年と、「シートン動物記」の舞台でもあるカナダ中東部ノース・ウッズをカヌーで訪れました。『ギザ耳ラグ』の舞台となったトロントの近くの湖では、ワタオウサギにも出会ったそうです。
その時の美しい景色や動物たちの生き生きとした様子が、本書の制作に活きています。

野バラが咲く初夏、8月の夜の池、12月の森での出来事、1月の吹雪の夜。そしてまためぐる夏。
季節の移ろいを描いた美しい挿絵にも注目です。
やさしく紡がれた文と絵にも、命の覚悟あるまなざしを感じる、大切な人と一緒に読みたい1冊です。
 
  • 【著者紹介】
●あべ 弘士(文・絵)
1948年北海道生まれ。旭山動物園の飼育係を25年間勤めたのち、絵本創作に専念。『あらしのよるに』(講談社)で、講談社出版文化賞絵本賞。『オオカミ王ロボ』『どうぶつ句会』(いずれも学研)など著書多数。
●E・T・シートン(原作)
1860年イギリス生まれ。大自然と野生動物への愛情にあふれる動物文学を、次々と発表した。画家や動物学者としても活躍。著作は「シートン動物記」として、日本でも広く親しまれている。

【商品概要】
あべ弘士のシートン動物記②『ギザ耳ラグ』
定価:本体1400円+税
発売日:2020年12月10日(木)
仕様:B5変、48ページ
電子化:なし
ISBN:9784052052446
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/1020524400

 
【ネット書店でのご購入はコチラ】
・Amazon  https://amzn.to/38K3uSb
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16495333/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107147252

関連記事:
【シートン生誕160周年】「あべ弘士のシートン動物記」が刊行開始! 第1作は『オオカミ王ロボ』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002837.000002535.html
YouTubeでも話題!あべ弘士さん最新作『オオカミ王ロボ』の作者コメントが到着。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002859.000002535.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. あべ弘士さん最新作『ギザ耳ラグ』の作者コメントが到着。懸命に生きるウサギ親子の姿が胸を打つ。