光衛星通信市場ーコンポーネント別(送信機、受信機、その他);およびアプリケーション別–世界の需要分析と機会の見通し2031年

Research Nester Private Limitedは、光衛星通信市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年3月 31日 に発刊しました。これは、光衛星通信市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。
の主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3870

世界の光衛星通信市場は、2022-2031年の予測期間中にCAGRが約31%で成長することにより、大幅の収益を上げると推定されています。世界の光衛星通信市場の成長は、通信トラフィックの増加と世界中の携帯電話ユーザーの増加に起因する可能性があります。2020年には世界で約62億人がスマートフォンを使用しており、2023年末までに約70億人のユーザーに成長すると推定されています。これらに伴い、高度な多用途通信技術への公共支出の増加、およびエンドユーザー間の信頼性の高い通信の必要性の高まりはまた、今後数年間で市場の成長を促進すると予想されます。
 


さらに、ピアツーピアのビデオオンデマンドやオーディオオンデマンドなどのマルチメディアサービスの数が増えるにつれ、高いネットワーク帯域幅の要件も高まっています。光衛星通信は、低コストで高いネットワーク帯域幅を提供することができ、近い将来、市場に有益な機会を提供すると予測されています。

光衛星通信市場のセグメンテーション概要

レポートは、コンポーネント別(送信機、受信機、その他);およびアプリケーション別(追跡および監視、バックホール、監視およびセキュリティ、研究と宇宙探査、地球観測、ラストマイルアクセス、その他)などによってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

光衛星通信市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。光衛星通信市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。光衛星通信市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域の市場は、この地域でのデジタル衛星放送とインターネットサービスの数の増加を背景に、予測期間中に注目に値する成長を遂げると推定されています。世界銀行によると、南アジアの総人口の35.331%が2019年にインターネットを使用し、2018年の18.785%と2017年の17.085%からそれぞれ増加しました。

さらに、通信技術を改善するための政府のイニシアチブの拡大も、今後数年間でこの地域の市場成長を加速させると予想されます。北米の市場は、新しい光衛星通信技術への高い研究開発投資と地域の市場プレーヤーの強力なフットプリントにより、予測期間中に最大のシェアを獲得すると予測されています。

光衛星通信市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  •  。アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

光衛星通信市場における主要企業

光衛星通信市場における業界のリーダーは、Mynaric AG、Analytical Space Inc、ATLAS Space Operations, Inc.、BridgeSat Inc.、Hisdesat Servicios Estrategicos S.A.、Maxar Technologies Ltd.、Mitsubishi Electric Corporation、SITAEL S.p.A、Ball Aerospace & Technologies Corp.、Laser Light Communications Inc.などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3870

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/
電話: US  +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : info@researchnester.com

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/optical-satellite-communication-market/3870

【調査レポートの詳細内容について】

 https://www.researchnester.com/reports/optical-satellite-communication-market/3870

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 光衛星通信市場ーコンポーネント別(送信機、受信機、その他);およびアプリケーション別–世界の需要分析と機会の見通し2031年