MCSが埼玉県「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ認定企業へ!

認知症高齢者対応の「グループホーム」運営居室数日本一のメディカル・ケア・サービス株式会社(埼玉・さいたま市/代表取締役社長:山本教雄)は、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」の中で、プラチナ認定企業として認定されました。
「多様な働き方実践企業認定制度」とは、仕事と家庭の両立を支援するため、テレワークや短時間勤務など、多様な働き方を実践している企業等を県が認定。その中でも、「多様な働き方実践企業」として9つの認定項目すべてに該当し、仕事と家庭の両立支援や女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業をプラチナ認定企業としています。

当社は、就業継続を課題とし、ライフステージの変化に合わせた働き方で、キャリアアップを応援。介護記録システム導入による残業時間の削減、社内イントラや社内情報アプリを活用し、支援制度や福利厚生に関する情報を社員一人ひとりに定期的に届ける施策を実践している点等が評価され、今回の認定につながりました。

今後も、社員一人ひとりに合った働きやすい職場環境を目指し、努めてまいります。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. MCSが埼玉県「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ認定企業へ!