佐賀県出身の女優・松雪泰子、アニメのナレーションを担当し、町おこしを応援‼

佐賀県上峰町を舞台にしたWEBアニメ「鎮西八郎為朝」12/2(木)配信スタート!

人口約9,700人と、佐賀県内で2番目に小さい町、上峰町。ふるさと納税大国として有名になったこの町ですが、町内にある限られた地域資源の更なる磨き上げを行うことで、新たな人の流れを作り出し、観光促進、移住・定住へとつなげていくことを目的に、積極的に町おこしを実施しています。

そんな上峰町が2020年より重きを置いているのが、上峰町にゆかりがあると言われる、 ”鎮西八郎(ヨミ:チンゼイハチロウ)”こと源為朝を顕在化した町おこし事業『鎮西八郎(源為朝)プロジェクト』です。

上峰町には為朝が滞在した伝説が多数残されており、「鎮西山」をはじめ、地名の「屋形原」は、為朝が滞在したことに由来しています。ところが、為朝とゆかりのあることが町民にあまり浸透していなかったことから、子どもたちにも親しみやすいようにと、昨年12月、同町の公式YouTubeチャンネルで為朝伝説のショートムービー「鎮西八郎為朝」の配信をスタート。
為朝をイメージして書き下ろされたテーマソング「TIME‐TO‐MORE」(ヨミ:タイム・トゥ・モア)をロックバンド・ ユニコーンが歌い、プロダクション I.Gとアニプレックスがアニメを手がけ、昨年12月、同町の公式YouTubeチャンネルで配信をスタートしたところ、300万回再生を突破いたしました!

地域資源の掘り起こしにつながるこの取り組みが評価され、9月の「京都アニものづくりAWARD」(京都市)で銅賞を受賞。さらにアニメ化希望のコメントが多数寄せられたこともあり、為朝の生涯をストーリー仕立てにすることで、為朝への理解とファンを増やそうと、本格的なWEBアニメ「鎮西八郎為朝」の制作に踏み切りました。
アニメのテーマは「人間愛」。暴れん坊の為朝が、家族・仲間を通じて、人間愛を感じ、一人前の大人に成長していく過程を、九州平定した拠点といわれる佐賀県上峰町「鎮西山」を舞台にアニメドラマでお届けします。

その第1話がいよいよ12/2(木)より配信スタート!
ナレーションは佐賀県出身の松雪泰子が務め、毎回登場します。「1話1話のムードを大切にしながら努めたい」と語る松雪泰子さんですが、18歳まで過ごしたふるさとについては、「地元佐賀県はとってものんびりできて、たくさん太陽が感じられて、自然と対話できる場所、今でも帰りたいなと思える場所です」とコメント。また、鎮西八郎(源為朝)役に『アナと雪の女王』シリーズのオラフ役などで知られる、武内駿輔の起用も決定しました。

更なる活性化を目指し、上峰町はアニメの制作にとどまらず、今後為朝を軸に、ひとづくり、まちづくり、しごとづくりを行っていきます。特にひとづくりという点では、人間愛が強かったと言われる為朝の生き方に、小中学生のころから触れることで高い向上心を持つ人に成長してほしいという願いが込められています。
同町では、為朝が居住したと思われる山城を再現する計画もあり、為朝伝説を体感できる拠点づくりに努めます。アニメを見た人が「聖地巡礼」に訪れたり、町民も山城を巡ることで健康増進に役立ててほしいと考えています。

歴史と伝説で上峰町の未来をつくる地域ブランディング“鎮西八郎(源為朝)プロジェクト”を全国へ広めたく、是非こちらの情報のお取り扱いを宜しくお願い致します。

【WEBアニメ「鎮西八郎為朝」】
公開日:12/2(木)  ※第2話以降は2022年5月から全13話で毎月1話配信予定
公開:YouTube上峰町公式チャンネル「佐賀県上峰町PR-YouTube」で公開
(https://www.youtube.com/channel/UCvrmC3Kn8UJKaAGdwv4mBDg )

****************************
 

■ナレーション:松雪泰子 プロフィール

 

佐賀県出身。91年に女優デビュー。
数々のドラマ、映画、CM、舞台など幅広く活動。主演した映画『フラガール』では、第30回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞、第19回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞を受賞。
08年には『デトロイト・メタル・シティ』、『容疑者Xの献身』で第32回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞

■松雪泰子コメント
お話(ナレーション担当)を頂いて、まず最初にユニコーンさんの曲とショートムービーを見せて頂き、凄くダイナミックで壮大な物語が始まるのかなとワクワクした感じがありまして「是非に!」という気持ちでナレーションさせて頂きました。
まだ画(アニメ)がもっともっとブラッシュアップされて行く段階でのナレーション録りだったので、画(完成されたアニメ)を想像しながらのナレーションでした。各回のラストに流れるナレーションですから一話一話大事に収録させて頂きました。
アニメ鎮西八郎為朝、小さな上峰の街から生まれた素晴らしいクリエーターの皆様が集結して完成した作品ですので、是非ご覧になってください。
****************************
 

■鎮西八郎(源為朝)役:武内駿輔 プロフィール

 

2015年に17歳でアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』のプロデューサー役に抜擢され、一躍注目を浴びる。
2016年の第10回声優アワードで新人男優賞を受賞。代表作に『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役をはじめ、『KING OF PRISM』の大和アレクサンダー役、『アナと雪の女王』シリーズのオラフ役などを人気作品のキャラクターを多数務める。

■武内駿輔コメント
為朝の声を担当致します。武内駿輔です。この度はこの様なプロジェクトに参加出来ますことを、大変光栄に思います。
為朝という人物は、史実では「大柄な乱暴者」という印象のある方ですが、本作では人の愛に触れ成長していく青年として描かれています。彼の一生をどう描いて行くのか、是非注目していただきたいです。
ここからは私事になるのですが…
最近日本の持つ自然や文化、それらと共存し守り抜いてきた人々の素晴らしさに、改めて気付かされる出来事がありました。今作を通して、為朝という人物を語り継いできた上峰町の愛、そして町並みの美しさを伝えられればと思っております。
「鎮西八郎為朝」ぜひご期待ください。
****************************

■伊東祐経役:東久仁彦 インタビュー
アニメ第一話に出演した、上峰町在住の声優・東久仁彦さんに、為朝像や上峰町への思いなどを取材しました。

出身は福岡県八女市ですが、母の実家が上峰町という縁で、高校2年の時に上峰に引っ越してきました。大学進学を機に状況し、東京で声優やナレーションなどの仕事に携わり、31歳の時に上峰に戻ってきました。現在はフリーで仕事をしながら、福岡市の声優を養成する専門学校で講師を務めています。今回、東京でアニメの収録をするのは久しぶりだったので緊張しましたが、周囲のスタッフや声優さんたちに支えられ、役に入り込むことができました。
上峰に住んでいるので、鎮西山には以前から子どもと一緒に遊びに行ったりと親しんできました。為朝伝説は知ってはいたものの、それほど身近に感じたことはなかったのですが、アニメを通していろんなことを調べていくうちに、親しみがわきました。為朝は、全国各地に伝説が存在し、語り継がれているのに、今ひとつメジャーではありません。でも、裏を返せばそれだけ存在感のある人であったことの証だと思います。アニメの公開で、全国の人が為朝の偉大さを知り、見た人が自分の住む地域を見つめ直し、それぞれの土地に根付いた歴史や伝説を掘り起こして、まちづくりにつなげてもらえたらと思います。
****************************

■アニメーション制作スタッフ
監督:矢萩利幸(代表作 TVアニメ「ジョーカー・ゲーム」「歌舞伎町シャーロック」キャラクターデザイン)
脚本:岸本 卓(代表作 TVアニメ「王様ランキング」 「ハイキュー!!」「僕だけがいない街」、映画「鹿の王 ユナと約束の旅」ほか)
音楽:岩崎 琢(代表作 アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編」「天元突破グレンラガン」 「黒執事」「劇場版シティーハンター」ほか)

■「京都アニものづくりアワード」地域創生部門で銅賞
アニメ「鎮西八郎為朝」が約300万回再生された結果もあり、地域資源の掘り起こしにつながったとして、9月に京都市で開かれた「京都アニものづくりアワード」の「地方創生部門」で、銅賞に輝きました。同部門は、企業や団体、自治体などが地域の産業復興などを目的に、アニメやキャラクターなどを活用した取り組みを対象とし、37作品のエントリーがありました。

 「アニものづくりアワード」とは…
近年、アニメファンの増加・一般化によってマーケットが広がり、アニメとは直接関係のなかった自動車メーカー、食品メーカー、流通、テクノロジー、サービス、観光、官公庁など、一般企業・団体によるアニメやマンガ、キャラクターとのコラボ商品、広告プロモーションでの活用が増加しております。
これは、アニメ業界にとって新しいビジネスチャンスであるとともに、一般企業・団体にとってもこれまでと違う視点での「ものづくり・ことづくり」を生み出すチャンスを秘めています。
「アニものづくり」アワードは、アニメ業界と一般企業・団体とのさらなるビジネス活性化を目指し、優れたコラボ商品、広告クリエイティブ、プロモーション、事業などを顕彰する取り組みです。

【ユニコーン  「TIME-TO-MORE」 とは】

「TIME-TO-MORE」は、源平時代最強の武将、源為朝(ヨミ:ミナモトノ・タメトモ)をテーマにユニコーンが書下ろした、2020年12月11日(金)に配信限定シングルとしてリリースされた楽曲です。
人間味あふれる温かさ・優しさを持った、“心優しき暴れん坊”源為朝の伝説を全国へ伝えたいという、源為朝 ゆかりの町・佐賀県上峰町(ヨミ:カミミネチョウ)のオファーにユニコーンが賛同し、楽曲制作に至りました。
歌詞の所々に、“為朝”と聞こえるフレーズや、上峰町の特徴が散りばめられている、遊び心のある楽曲に仕上がりました!



****************************

■ユニコーン プロフィール
メンバー全員が作詞・作曲を手掛け、ボーカルを含めた楽器パートが楽曲ごとに入れ替わる唯一無二の特異なスタイルで、聴く人を"我が道に巻き込む"奇跡のロックバンド。
1986年に広島で結成。翌1987年にメジャーデビュー。「大迷惑」「働く男」「雪が降る町」「すばらしい日々」など、名作と呼ばれつつも、イマイチ売上に繋がらなかった数々の曲を残して1993年9月に解散。
解散後は、バンドやソロでそれぞれが活動していたが、2009年に突知、再始動!シングル「WAO!」で鮮烈な復活を果たし、名作アルバム「シャンブル」を発表。
ライブでは圧巻のステージを見せたかと思えば、独特の寸劇が始まったりするなど、個性豊かな5人の異才達からなる、日本を代表するロックバンド。
最新作は2021年8月にリリースしたオリジナルアルバム「ツイス島&シャウ島」。
****************************

 


■「TIME-TO-MORE」歌詞

作詞:UNICORN/作曲:ABEDON、奥田民生

散々追われ TIME-TO-MORE 流れ星となる
ジャンジャン呼ばれ飛び出た 鶴に導かれ
浮世を喰らう TIME-TO-MORE 種馬乗り換え
生々流転(しょうじょうるてん)を胸に
朝(あした)を求めて 朝(あした)の物語
人生は TIME-TO-MORE

難攻不落 TIME-TO-MORE 的(まと)を狙い撃ち
拳(こぶし)の握りめし 峰下(みねもと)の椿(つばき)
完全無欠 TIME-TO-MORE 闇を引き裂いて
クラクラし津々浦々
朝(あした)を求めて 朝(あした)の物語
人生は TIME-TO-MORE

愛のため 友のため 誰のためと思う
優しい瞳で弓を放て
君のため 友のため 何のためと思おう
大きな体に炎を灯せ 愛が全ての源

逆らってるわけじゃない 指折りのただデカいガタイ
耳障りに感じる耐え難い それわからんでもない
君だけに想いを伝えよう 空にかけた虹にかけよう
弓を射かけて 命かけて 共に誓う
そして天と地の愛に誓う それが本物の武将でしょ

鎮西(ちんぜい)の星 TIME-TO-MORE 丸ごと飲み込み
空前絶後のロックンロール
朝(あした)を求めて 朝(あした)の物語
人生は TIME-TO-MORE

愛のため 友のため 誰のためと思う
優しい瞳で弓を放て
民のため 友のため 夢のためと思う
正しい心で剣(つるぎ)を立て
君のため 友のため 何のためと思おう
大きな体に炎を灯せ 愛が全ての源


【佐賀県上峰町ショートムービー 「鎮西八郎為朝」とは】
2020年に、ユニコーン「TIME-TO-MORE」の楽曲を使用して、佐賀県上峰町ショートムービー「鎮西八郎為朝」が公開されました。
上峰町のプロモーションビデオにも起用されている、鎮西八郎為朝(源為朝)を題材にした当アニメーションは、「PSYCHO-PASS サイコパス」「ハイキュー!!」「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなど、大ヒット作品を手掛けてきた世界が注目する、業界最大手のスタジオ「プロダクション I.G」が、アニプレックス協力のもと制作しており、300万回再生を突破いたしました!

 

https://www.youtube.com/watch?v=cIvrSM7-ynY

****************************

■プロダクション I.Gとは
1987年の創設以来、時代を牽引する作品を制作し続けるアニメ―ション製作会社。
押井守監督作品『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』('95年)では全米ビデオチャートで週間1位を獲得。その続編となる『イノセンス』('04年)では、日本アニメ作品として初のカンヌ国際映画祭 オフィシャル・コンペティション部門正式出品を果たす。
神山健治監督作品『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』('04年)が世界的なスマッシュヒットを記録、その後も本広克行総監督・塩谷直義監督作品『PSYCHO-PASS サイコパス』('12年 -)が、アニメオリジナルIPとして異例のヒットを記録。
また配信サービス「NETFLIX」と包括業務提携を結び『B: The Beginning』、『攻殻機動隊 SAC_2045』など挑戦的なタイトルを発表し続けている。
2021年はオリジナルアニメーション『海賊王女』を北米での放送を皮切りにクランチロールロール配信や国内放送を予定しており、さらに上橋菜穂子原作の映画『鹿の王 ユナと約束の旅』の公開も控えている。
****************************

■アニプレックスとは
アニメーションを主とした映像および音楽作品の企画製作を中心に、パッケージ商品の発売、各種作品の劇場配給・番組販売・配信、ゲームアプリやフィギュア・アパレル等の派生商品の開発、ミュージカルやイベント等のライブエンタテインメントの開催、オンライン・セレクトショップ「ANIPLEX+」の運営等、それぞれの領域でのビジネスを全世界規模で手がけている。
代表作は、「鬼滅の刃」「ソードアート・オンライン」シリーズ「魔法少女まどか☆マギカ」、スマホゲーム「Fate/Grand Order」「ディズニー ツイステッドワンダーランド」など多数。
****************************

【佐賀県「上峰町」とは】
上峰町(かみみねちょう)は、町の総面積は12.8㎢、人口約9,700人と、佐賀県内で2番目に小さいコンパクトな町です。
佐賀県の東部に位置し、佐賀市や久留米市に近く、福岡県の通勤にも適している交通の要所。数々の史跡めぐりができる土地でもありますが、中でも、「鎮西山(ちんぜいざん)」の存在は一際人気の高いスポットになっています。
 
そんな上峰町は、2つの大きな特徴を持っています。

特徴❶ 源為朝・ゆかりの地
上峰町は、東の義経、西の為朝“といわれている伝説の武将「源為朝」ゆかりの地。

特徴❷ ふるさと納税
「佐賀牛」「さがびより」「特上うなぎ」などを返礼品に、ふるさと納税をフル活用し、その寄附額は平成27年度より5年連続TOP10入り。(昨年度約44億)

****************************
▶上峰町ゆかりの源為朝と鎮西山
源義経と並ぶ人気の武将源為朝は、全国的に知名度が高く、様々な伝説があります。
▶佐賀県上峰町に、鎮西山という山城のある山があり、為朝はそこを拠点とし、その山下にある屋形原という地名の場所に住んでいたと言われている。
▶鎮西山には、五万ケ池があり、その池の名前の由来は、為朝を攻めた敵の五万騎が為朝の弓の力で この場所で討たれたことから、池の名前がついたと言われている。
「肥陽軍記」より
****************************

鎮西山に城跡があり、鎮西制圧した際に居城していたという伝説もあり、上峰町の鎮西山と五万ケ池といかに関わりが深かったかが読み取れます。

●著作権表記●※画像掲載、記事転載の際には記事にご記載ください。
©上峰町
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アニプレックス >
  3. 佐賀県出身の女優・松雪泰子、アニメのナレーションを担当し、町おこしを応援‼