世界中から賞賛された、衝撃のCMを絵本化! ラスト、驚きと賛嘆の心が湧き上がる! わたしたち大人に、子どもの想像力とは何かを問いかける一冊の絵本。

2001年、あるCMを観た絵本作家の黒井健さんは、ぐっと心をつかまれました。机に向かって、くる日もくる日も画用紙を黒くぬりつぶす男の子の姿。いったいこの子の中では何が起きているのか?

その衝撃から約20年。アジア太平洋広告祭グランプリ、カンヌ国際広告賞銀賞、クリオ賞銅賞、ニューヨークADC賞銀賞などを受賞した、クリエイティブ・ディレクターの高崎卓馬さんによるACジャパン創設30周年CM「IMAGINATION/WHALE」を原案に、黒井健さんが歳月をかけて挑んだ絵本がついにできあがりました。
 

  • 「みんなのこころにうかんだことをかいてみましょう」と先生に言われ                    何枚も何日も画用紙を黒く塗りつぶし続ける男の子。ついに手をとめたときに、うまれたものは……?

 子どもが予想もつかない行動を起こしたとき、どう行動し、何と声をかけるでしょうか? 自分の行動や発言ひとつで、子どもの心に影響を与えてしまうとしたら? 子どもの可能性は、わたしたち大人が作り出す環境次第で変わります。子どもから想像力・創造力を奪わないでいられたら......

この絵本をきっかけに、ぜひ子どもと対峙する時間を作ってみませんか?

【書店員さんからの声(本紙付属帯より)】
●とてもよい絵本として残ってゆくものだと思いました。もちろんまわりの大人は心配するけれど、図工の時間に画用紙を黒く塗る子は時々います。こんなに根気よく画を作ることはできないけれど。(オリオン書房ノルテ店・山崎麻里さん)

 ●お話がすすむにつれて、どんどんページは「黒」でうめつくされていくけど、どこか優しさというか、しなやかさを感じました。(ジュンク堂書店藤沢店・鈴木沙織さん)

 ●途中までの不穏な空気にいたたまれなくなってしまいましたが……、なるほど、そうだったんですね。この子の「こころにうかんだこと」が、あまりにもスケールが大きかった、ただそれだけのことだったのに、あたふたする周囲……。私も同じでした。淡々とすすんでいく文章と、絵のトーンがとてもよいです。最後、グッと心をつかまれました。(丸善丸の内本店・八木亜季子さん)

●子どもの想像力は本当に、大人の頭ではとてもたちうちできないくらい大きいのですね。なんとか子どもの素晴らしさ、可能性をつぶさない大人でいられるようにしないと……と思いつつ、難しいことです。「まっくろ」な絵を描きつづける男の子のなんと生き生きとしていること!(紀伊國屋書店玉川高島屋店・跡邊千香子さん)

 【書誌情報】
書名:まっくろ
https://cocreco.kodansha.co.jp/catalog/0000352993
高崎卓馬・文 / 黒井健・絵
定価:1760円(税込)
発売日:9月24日(金)
講談社刊

 高崎卓馬……1969年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。クリエーティブ・ディレクター・小説家。ACジャパン創設30周年CM「IMAGINATION/WHALE」で、海外の広告賞を数々受賞。著書に『はるかかけら』『オートリバース』など。

 黒井健……1947年、新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業。主な絵本作品に『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』『あのね、サンタの国ではね…』「ころわん」シリーズなどがある。2003年山梨県の清里に「黒井健絵本ハウス」を設立。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 世界中から賞賛された、衝撃のCMを絵本化! ラスト、驚きと賛嘆の心が湧き上がる! わたしたち大人に、子どもの想像力とは何かを問いかける一冊の絵本。