LINEギフト、2021年12月の総流通額が前年比440%超え!2021年総流通額は前年比330%を達成、累計ユーザー数2,000万人突破

クリスマスイブ・クリスマス当日は過去最多の利用者数・利用件数を記録

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)は、LINEが提供する、「LINE」を通じて友だちに様々なプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフトhttps://gift.line.me/about」において、2021年12月の総流通額が前年比440%超を記録し、また、2021年の年間総流通額は前年比330%を達成、累計ユーザー数2,000万人*1を突破しましたので、お知らせいたします。
*1 2021年12月時点でLINEギフトを贈ったことがあるもしくはもらったことがあるユニークユーザー


「LINEギフト」は、2015年4月からサービス提供を開始した、「LINE」のトークを通じて友だちとギフトを贈り合うことができるコミュニケーションサービスです。住所を知らなくても直接会えなくても、LINE上で簡単にギフトを贈ることができるため、ちょっとしたお礼を言いたい時やシーズナルイベント、大切なライフイベントなど様々なシーンでご利用いただいています。 

コロナ禍で気軽に会えない日々が続いている中で、会えなくても贈れるソーシャルギフト需要が高まった影響もあり、2021年においては、日常のちょっとしたお礼や誕生日や結婚祝いなどのライフイベントはもちろん、バレンタイン・ホワイトデー・母の日・父の日・クリスマスなど、シーズナルイベントでの利用者数が、軒並み過去最高*2を記録しました。*2 2020年以前の各シーズナルイベント当日との比較

特に、クリスマスイブ・クリスマス当日の利用者数・利用件数はともにサービス開始以来最多*3となり、2021年12月の総流通額は前年比440%を記録しました。12月には芸人の狩野英孝さん・モデルのみちょぱさんを起用したTVCMを公開するなど大規模なクリスマスキャンペーンを実施し、複数のお得なクーポンやクリスマス特集が好評を得ました。*3 2020年以前のクリスマスイブ・クリスマス当日との比較

さらに、LINEギフトの2021年の年間総流通額は前年比330%を達成し、累計ユーザー数2,000万人*1を突破しました。新しいコミュニケーションの一つにLINEギフトが想起されるようになり、”LINEでギフトを贈る“ことが新たなギフト文化として生活に浸透していることがうかがえます。

LINEでは、今後も様々なサービスを通じて、企業・ユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。
 

<LINEギフトについて https://gift.line.me/about
「LINEギフト」は、「LINE」のトークを通じて友だちとギフトを贈り合うことができるコミュニケーションサービスです。住所を知らなくても直接会えなくても、LINE上で簡単にギフトを贈ることができるため、ちょっとしたお礼を言いたい時や季節イベント、大切なライフイベントなど様々なシーンでご利用いただいています。贈れるギフトは手軽なコンビニのコーヒーから本格的なものまで、シーンに合わせたもらって嬉しい多様なラインナップを揃えています。

また、LINEギフトは、“会えないけれど気持ちを伝えたい"というユーザーの気持ちを実現する新しいコミュニケーションサービスとして注目されており、LINEギフトの累計購入ユーザー数*4は1,000万人、累計ユーザー数は2,000万人*1を突破、2021年の年間流通額は前年比330%を達成するなど、成長を続けております。
*4 2021年11月時点でLINEギフトで商品を購入したことがあるユーザー
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINEギフト、2021年12月の総流通額が前年比440%超え!2021年総流通額は前年比330%を達成、累計ユーザー数2,000万人突破