西野亮廣に、またもや新たな伝説が! 最新ビジネス書『新世界』の“自腹”広告が「第86回毎日広告デザイン賞」の最高賞を受賞!

このたび「第86回毎日広告デザイン賞」が発表され、西野亮廣最新ビジネス書『新世界』(KADOKAWA)の広告が西野氏自身による購入、デザインディレクションにより、「広告主参加作品の部」において最高賞を受賞しました。
◆受賞作「西野亮廣最新刊『新世界』本日発売」

出典:毎日新聞社出典:毎日新聞社

“現代の革命家”西野亮廣が、新たな伝説を打ち立てました。

2018年11月16日、毎日新聞朝刊に掲載された広告

西野亮廣最新刊『新世界』本日発売

が、新聞社主催の広告賞では最古の歴史を持つ「毎日広告デザイン賞 『広告主参加作品の部』(2019年4月5日発表)」で最高賞を受賞しました。
ちなみにこの広告は、西野亮廣が個人で
スペース(全15段)を購入、
コンセプト、デザインのディレクションを行ったものです。
https://macs.mainichi.co.jp/design/ad-m/work/8602.html

これまでも著書出版のたびに、いわゆる“自腹”広告を行ってきた西野氏ですが、当時は「西野亮廣が新聞の一面を個人で買った」という、ニュースになることが主目的でした。
すなわち、ターゲットは「ニュースとして取り上げたい」
メディアでした。
一方、今回の受賞作はコンセプトを一新。
時代は流れ、個人で広告枠を買うことが、ニュースバリューとして“弱体化”していることを見込んで、
ターゲットを「新聞の購読者の皆様」に切り替え、
その満足度を極限まで高めることを目指しました。
すなわち、「広告を読み物にすること」をコンセプトにし、
著書『新世界』の23ページ分に該当する「はじめに」を、
広告紙面に落とし込みました。

すべての著書がベストセラーとなり、その累計発行部数が100万部を超えた西野亮廣ですが、
その作品性だけでなく、
広告手法やデザインにも
ご注目いただければと思います。

西野亮廣(にしのあきひろ)
1980年生まれ。芸人、絵本作家、オンラインサロンオーナーetc.
著書に絵本『えんとつ町のプペル』、ビジネス書『新世界』などがある。
全作品がベストセラーになり累計発行部数は100万部を突破。2017年に刊行した『革命のファンファーレ』は「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」で総合グランプリに輝いた。
主宰する有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』は、会員数が2万3000人を突破。国内最大規模を誇る

(書誌情報)

『新世界』著者:西野亮廣
定価(本体1.389円+税)
発売日:2018年11月16日 
発行:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321808000690

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 西野亮廣に、またもや新たな伝説が! 最新ビジネス書『新世界』の“自腹”広告が「第86回毎日広告デザイン賞」の最高賞を受賞!