2018年、世間がざわついた「ハズキルーペ」のCMを手掛けた経営者、自ら書き下ろし!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、松村謙三著『自分の頭で考える』を2019年5月17日(金)に刊行いたします。
 


2018年、突如として世間をざわつかせた「ハズキルーペ」のCM。見ている人に強烈なインパクトを与え、YouTubeでも異例の再生回数を誇るCMはなんと、18年度のCM賞を3冠受賞するなど、業界を震撼させました。

それでは、あのクセになるCMを作ったのは、誰か。実は著名なCMクリエイターではなく、ハズキルーペを有する会社の経営者・松村謙三氏だったのです。

そもそもCMとは誰のためにあるものなのか? CM作り素人の経営者がなぜ、年間CMグランプリの1位を3つも取れたのか? そしてCMを作ったこの経営者の正体は? など、世間の皆さまが感じている疑問に、著者自らが本書の全編を書き下ろし、お答えします。

また、CM作りだけではなく、ハズキルーペが売れるまでの道のり、著者の本業である企業再生とは何か? 日産自動車や富士通など日本の大手企業から買収にいたった舞台裏など、初めて明かされるエピソード満載。

一字一句全て著者によるオリジナルの原稿は、魂と情熱が込められており、多くの人の仕事や人生に、ヒントや発見を教えてくれる1冊です。

本書の冒頭にはなんと、ハズキルーペのCMでおなじみの女優・菊川怜さんの推薦文も収録。

【本書の内容】
第1章 素人の私が創ったCMが人気ランキング第1位になった理由!
マーケティングこそトップの仕事/池の中のクジラ状態に陥る!/誰のためにCMはあるのか?/渡辺謙さんが提案してくれたテーマは「怒り」/無用な忖度で固められたCMの世界/素人が「トップ」を取った!/真のマーケティングとは何か?/人の心は理論だけでは動かない!/どうすれば人の心を動かせるのか? ほか

第2章 ハズキルーペはこうして生まれた!――ヒット商品の作り方
企業買収から生まれたハズキルーペ/商品アイテム数4500種類から1種類に絞った!/赤字会社を立て直す!/全てのリスクはトップが取る! 社員に責任転嫁しない!/ハズキルーペをどう売るか?/メガネ業界にギフト市場を作った! ほか

第3章 前例のないディール! 個人が大企業から会社を買収する
後ろ盾のない個人が大企業から会社を買収/20社と競り合い富士通から買収!/赤字企業の再生スキーム/前代未聞の買収劇に!/帝国ホテル買収報道!/米国大統領候補ジュリアーニ氏とディール!/東武鉄道 傘下の運輸会社を買収!/阪急電鉄、オリエンタルランドの親会社・京成電鉄の筆頭株主になる!/阪急電鉄の筆頭株主 日経新聞一面トップ報道/ゴールドマン・サックスから企業買収の資金調達の提案!/選択と集中 ほか

第4章 これからの日本に必要なこと
日本と大きく異なるアイビーリーグの入学試験/日本の子育て対策は間違っている! ほか

【書誌詳細】
『自分の頭で考える CM賞3冠 ハズキルーペ』
著者:松村謙三
定価:(本体1,500円+税)
ISBN:978-4-04-108027-6
発売日:2019年05月17日
※電子版も同時発売
発行:株式会社KADOKAWA
四六判/単行本/200頁
https://www.kadokawa.co.jp/product/321811001060/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 2018年、世間がざわついた「ハズキルーペ」のCMを手掛けた経営者、自ら書き下ろし!