「小説 野性時代」10月号発売! 待望の畠中恵と神永学の新連載ほか、吉田修一、山本一力、東川篤哉、真梨幸子ら豪華作家陣による読切小説を掲載。表紙とグラビアは、映画『蜜蜂と遠雷』より森崎ウィン。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』2019年10月号(No.191)を2019年9月12日(木)より発売いたしました。

◆ニュース
①【新連載】江戸は両国を賑わす、月草とお華の凸凹コンビが帰ってきた!
○畠中 恵「お華の看病」

両国の盛り場を仕切る親分・山越に跡目争いが勃発――!
「まことの華姫」シリーズ、待望の第2期スタート!

※KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」では本作の試し読みも近日公開!
https://kadobun.jp/trial/
(※9月13日正午より試し読み公開予定)

 

イラスト/Minoruイラスト/Minoru


②【新連載】大人気 心霊探偵八雲シリーズ、待望の新作!
○神永 学「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 沈黙の予言」

〝悔い改めなければ、三つの魂が地獄に落ちる〟――。
閉ざされたペンションに、不吉な予言が響き渡る。

※KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」では本作の試し読みも公開中!
https://kadobun.jp/trial/egjx9zqbs9sk.html

イラスト/鈴木康士イラスト/鈴木康士


③【読切】映画『楽園』公開記念 読切短篇一挙2篇掲載!
○吉田修一
「逃亡小説集③ 逃げろ純愛」

女性教師と元教え子。禁断の愛を育む二人が、逃避行を選んだ理由とは――。

「逃亡小説集④ 逃げろミスター・ポストマン」
網走の郵便配達員が配送途中に車ごと行方を絶った。一体何が起きたのか?

④【読切】家宝の天眼鏡でお見通し。江戸町の人情漂う「長兵衛天眼帳」シリーズ
○山本一力「秘伝 長兵衛天眼帳」

日本橋で商いを営む二組の親子。それぞれに代替わりの時期を迎えるが、その様子は全く違っていて……。

⑤【読切】大好評「谷根千ミステリ」シリーズ第3弾
○東川篤哉「風呂場で死んだ男 中篇」

浴槽から脚を突き出した変死体を見つけてしまったつみれは、谷中の街で独自に調査を開始し――。

⑥【読切】戦慄のオカルト・ミステリー第3話
○真梨幸子「フシギ その3 キンソクチ」

執筆者が次々と降板する「事故物件」特集。ある作家は取材先で、忌まわしい記憶の扉を開く――。


◆おすすめ連載
○恩田 陸「ドミノⅡ」(最終回)

全てのドミノが今、ゴールに向かって倒れ始める――足掛け9年に及んだ超大作、堂々の完結! 

○赤川次郎「鼠、恋心を運ぶ 後篇」(最終回)
乙女の恋心を踏みにじる奴は許さねえ!藩の企みに巻き込まれた娘を救うため、次郎吉たちは立ち上がる!〈鼠〉シリーズ、ここに完結。

○馳 星周「月の王」(第2回)
秘密結社「藍衣社」の朱雀は大神を尾行していたが、すぐに察知されてしまう。その上、思わぬ反撃を受けてしまい……。


『小説 野性時代 第191号 2019年10月号』
定価:本体800円+税
発売日:2019年09月12日
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321901000092/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 「小説 野性時代」10月号発売! 待望の畠中恵と神永学の新連載ほか、吉田修一、山本一力、東川篤哉、真梨幸子ら豪華作家陣による読切小説を掲載。表紙とグラビアは、映画『蜜蜂と遠雷』より森崎ウィン。