大ヒット『老後の資金がありません』垣谷美雨の新刊は高齢ドライバーが題材!『うちの父が運転をやめません』発売!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 2020年2月21日(金)に、『老後の資金がありません』の著者・垣谷美雨氏の最新小説『うちの父が運転をやめません』を発売いたしました。

 


『老後の資金がありません』 など社会問題を扱った小説でヒットを飛ばす垣谷美雨氏。その最新作『うちの父が運転をやめません』は「高齢ドライバー」がテーマの意欲作です。

父親に免許返納の説得を試みるも失敗。
そうはいっても引き下がるわけには……。
田舎と都会、親と子――落としどころは見つかるのか⁉

本作の刊行を記念し、KADOKAWA文芸WEBマガジン「カドブン」(https://kadobun.jp/)では垣谷氏のインタビューを公開しております。
 
◆最新作は「高齢ドライバー」をテーマにした意欲作。垣谷美雨さん『うちの父が運転をやめません』刊行記念インタビュー
https://kadobun.jp/feature/interview/cbyi3kcpm7wc.html

親の運転をきっかけに家族が新たな一歩を踏み出す、感動長編小説をぜひお楽しみください。
 
  • 『うちの父が運転をやめません』について
■あらすじ
「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「 78 歳っていえば……」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなも不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して……。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは? 心温まる家族小説!
 
■書誌情報
発売:2020年2月21日(金) ※電子書籍同日配信予定
定価:本体1600+税
装画:樋口たつ乃
装丁:坂詰佳苗
頁数:312頁
体裁:四六判並製
ISBN:9784041079706
発行:株式会社KADOKAWA
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321811000204/
※本作は書き下ろしです。
 
  •  【著者紹介】 垣谷美雨(かきや・みう)
1959(昭和 34 )年、兵庫県生まれ。明治大学文学部卒。 2005 (平成 17 )年、「竜巻ガール」で小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。結婚難、高齢化と介護、住宅の老朽化などの社会問題や、現実に有り得たかもしれない世界を題材にした小説で知られる。著書に 『 リセット 』『 結婚相手は抽選で 』『 七十歳死亡法案、可決 』『 夫のカノジョ 』『 あなたの人生、片づけます 』『 老後の資金がありません 』『 女たちの避難所 』『 夫の墓には入りません 』『 姑の遺品整理は、迷惑です 』『 うちの子が結婚しないので 』 などがある。
 
  • 「カドブン」について
作家と読者の橋渡し役を担う文芸の編集者自らが、読者の皆様へ出来る限り近い距離で「物語」の面白さを伝え、読書の楽しみを伝えたいとの願いから生まれたメディアです。「物語」を愛するすべての人へ向けた、作家インタビューや書評、特集企画等のコンテンツを配信します。
【公式サイト】https://kadobun.jp/
【Twitterアカウント】https://twitter.com/kadobunofficial
【Instagramアカウント】https://www.instagram.com/kadobun_official/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 大ヒット『老後の資金がありません』垣谷美雨の新刊は高齢ドライバーが題材!『うちの父が運転をやめません』発売!