2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場は1748.1億円。ハード・ソフト市場ともに前年比増、2012年以降最大の規模に!~「ファミ通」マーケティング速報~

株式会社KADOKAWA Game Linkage(KADOKAWAグループ)

ソフトランキング首位は「あつまれ どうぶつの森」。
Nintendo Switchが躍進し、累計1400万台突破。
ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2020年上半期の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上速報をまとめました。集計期間は2019年12月30日~2020年6月28日です。
 

 



2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場について

2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は、ハードが793.4億円(昨年対比120.0%)、ソフトが954.7億円(同129.0%)、ハード・ソフト合計で1748.1億円(同124.8%)となりました。「あつまれ どうぶつの森」の発売でNintendo Switchが好調に推移し、上半期としては2012年以降で最大の市場規模となりました。なお、両市場とも前年比プラスとなるのは、2006年上半期以来14年ぶりとなります。

上半期ソフトランキング1位は、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂/2020年3月20日発売/Switch)で、500.5万本を販売しました。Nintendo Switch向けタイトル歴代最高の販売本数を更新し、10年ぶりにパッケージ版単独で累計500万本を達成しています。また、ファン待望の「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」(スクウェア・エニックス/2020年4月10日発売/PS4)は93.1万本を記録し、2位にランクインしました。

発売から4年を迎えたNintendo Switchですが、新型コロナウイルス感染症の影響で生産が遅延したことから、2月以降は需要が供給を上回る状態が続いています。しかしながら、「あつまれ どうぶつの森」の登場や、巣ごもり需要の拡大、昨年9月に発売されたNintendo Switch Liteの貢献により、2機種合計で前年同時期の約1.8倍となる266.7万台を販売。累計販売台数は、6月期に1400万台を突破しました。

2020年下半期には、年末商戦に最新ハードのプレイステーション5とXbox Series Xが発売予定で、2020年後半のゲーム市場の新たな盛り上がりが期待されます。

<ファミ通調べ>

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。
2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたものを表示しています)


※本データを記事にてご使用になる場合は、ファミ通調べ、もしくはゲーム雑誌「ファミ通」を発行する当社(KADOKAWA Game Linkage)調べなど、必ず「ファミ通」というブランド名の記載をお願いいたします。


◆「ファミ通」について

ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、様々なサービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計、7月9日には「ファミ通ゲーム白書2020」を発刊。姉妹白書として、モバイルゲームに特化した「ファミ通モバイルゲーム白書2020」も発刊しています。



◆株式会社KADOKAWA Game Linkageについて
株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメント、ゲームマーケティングなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイトURL: https://kadokawagamelinkage.jp



プレスリリースのダウンロード:https://prtimes.jp/a/?f=d7006-20200709-5619.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 2020年上半期の国内家庭用ゲーム市場は1748.1億円。ハード・ソフト市場ともに前年比増、2012年以降最大の規模に!~「ファミ通」マーケティング速報~