米澤穂信特集&〈古典部〉シリーズ短編、朝井まかて&一木けい読み切りを掲載! 横溝賞結果発表&豪華連載陣による連載も盛り沢山。今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」7月号もお見逃しなく!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野 剛)は月刊文芸小説誌『小説 野性時代』電子版2022年7月号(No.224)を2022年6月25日(土)より配信いたしました。



◆ニュース

①【特集】
〇デビュー二十周年&直木賞受賞記念特集 米澤穂信

・米澤穂信×宮内悠介 対談「時代と謎を紐解く」
・特別寄稿 新井久幸「米澤さんのこと」
・〈古典部〉シリーズ新作短編「三つの秘密、あるいは星ヶ谷杯準備滞ってるんだけど何かあったの会議」


②【読切】
〇朝井まかて「恋ぞ荒ぶる」

北条義時が見つめ続ける、日本を変えた恋。
激動の鎌倉時代を生き生きと描く歴史小説。

〇一木けい「きみに親はいない」読み切り
母との関係に悩み、小説を生きる希望にしてきた聖は、
偶然再会した元彼から思いも寄らない事実を告げられる。

③【発表】
第42回 横溝正史ミステリ&ホラー大賞

④「小説 野性時代」カクヨム進出!
「小説 野性時代」がWeb小説サイトカクヨムの公式連載ページに参加! 
日本推理作家協会賞〈短編部門〉受賞の逸木裕による精緻なミステリ短編「解錠の音が」や、鬼才・冲方丁が放つ戦慄の長編ホラー「骨灰」など公開中。
こちらもお見逃しなく!
https://kakuyomu.jp/users/yasei-jidai

④人気の作品がnoteで読める!
noteにて、角田光代「明日も一日きみを見てる」を特別公開中。
今後も様々な作品・小説情報を掲載予定です。お楽しみに!
https://note.com/yaseijidai


◆おすすめ連載

〇宮木あや子「令和ブルガリアヨーグルト」

あのヨーグルトを題材にした、お仕事&推し事小説!
広報部へ異動し東京勤務をスタートした由寿は……。

〇伊岡 瞬「清算」
会社解散後の清算業務を任された畑井だが
社内の不穏な噂を耳にする——。

〇吉川トリコ「あわのまにまに」
最注目作家による連作シリーズ、第4話後編。
「ふつう」でない家族たちの、愛と秘密の
分かちあい方の物語。


――――
「小説 野性時代」電子版
・「2022年7月号」配信開始日:2022年6月25日(土)
・配信日:毎月25日
・ダウンロード型の電子書籍に加えて「角川文庫・ラノベ読み放題」や、「カドブン」「カクヨム」「note」などのサイト内でも作品を展開予定。
・希望小売価格:350円
https://www.kadokawa.co.jp/product/322202000342/
――――
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 米澤穂信特集&〈古典部〉シリーズ短編、朝井まかて&一木けい読み切りを掲載! 横溝賞結果発表&豪華連載陣による連載も盛り沢山。今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」7月号もお見逃しなく!