7月4日は“シーザーサラダの日”「シーザーサラダの意識調査」報告

7月4日は“シーザーサラダの日” 「シーザーサラダの意識調査」報告
95%もの認知度を誇るも、名前の由来を知っている人は約14%
様々なシチュエーションで高い人気を誇るシーザーサラダ
キユーピー(本社:東京都渋谷区)は、7月4日の「シーザーサラダの日」に先駆けて、外食などでサラダメニューに接する機会も多い全国の20代、30代の男女400名を対象にシーザーサラダに対する意識調査を実施しました。

「シーザーサラダの日」は、昨年キユーピーがシーザーサラダの生まれた日にちなみ、日本記念日協会を通して制定したものです。キユーピーは、業務用商品として1996年にシーザーサラダ専用ドレッシングを発売し、今年で発売20周年を迎えます。

~シーザーサラダの由来~

ロメインレタスロメインレタス

メキシコ ティファナにあるホテル「シーザーズプレイス」のシーザー・カルディニ氏が、1924年7月4日に「シーザーサラダ」を 生み出したことに由来しています。キッチンにあったロメインレタスやパルメザンチーズ、クルトンなどの材料をかき集めて即興で作ったサラダが評判となり、「シーザーサラダ」としてアメリカ、そして世界に広がったと言われています。その当時のドレッシングには、ウスターソースを使っていたと言われています。今では、チーズやアンチョビー風味のきいたドレッシングをかけて食べられるのが一般的です。また、ロメインレタスを中心に、様々な野菜や具材を使ったアレンジが広がっています。



“シーザー”という名前はどこから来たの?

シーザーサラダは認知度は高いが、詳しく知られていない“ギャップ”サラダ

飲食店やコンビニエンスストアで販売されるサラダなど、様々なシーンで“シーザーサラダ”と名のつくメニューを見かけるようになりました。

今回の調査ではまず、どの程度の人がシーザーサラダを知っているのか、認知度を調査しました。その結果、95%の人が「シーザーサラダを知っている」と回答しました。その一方で、「シーザーサラダの名前の由来をご存知ですか?」の質問に対しては、正解である「初めて提供されたホテルのオーナーの名前」と回答した人が14.2%にとどまり、「わからない」と回答した人が7割以上でした。また、「元祖シーザーサラダに使われていた野菜をご存知ですか?」の質問に対しては、「わからない」と回答した人が約6割で、正解である「ロメインレタス」と回答した人が7.1%でした。認知度は抜群でありながら、あらためて聞かれると、シーザーサラダがどのようなサラダか、詳しく知っている人は少ないことが明らかになりました。


その由来などについて詳しく知っている人は少ない一方で、「シーザーサラダは好きですか?」の質問に対しては、シーザーサラダを「大好き」「好き」と回答した人が、あわせて78.9%で、認知度に比例して非常に高い数値になっています。シーザーサラダは、詳しくは知らないけれど“おいしいから好き”という人が多い、実力派のサラダと見ることもできるかもしれません。調査結果からは、シーザーサラダがもともとの由来以上に、世の中に広く認知されていることが明らかになりました。今では、シーザーサラダは、メインの具材であるロメインレタスの「加熱に強い」「盛り付け方が多彩」などの特性を活かしながら、様々にアレンジした形で提供されています。
 

 


シーザーサラダのアレンジメニュー

クラシックシーザーサラダクラシックシーザーサラダ

 

グリルドシーザーサラダグリルドシーザーサラダ

 

ロメインレタスとグリルチキンの シーザーサラダロメインレタスとグリルチキンの シーザーサラダ

 


健康への意識は男性の方が高い?
20代、30代男性の野菜摂取の頻度は同世代女性より高い

近年、世の中の健康意識の高まりを受けて、野菜をきちんと摂るように啓蒙するプロジェクトも多く見かけるようになりました。キユーピーでは、2016年から外食での野菜摂取を応援する「MOTTO VEGE」プロジェクトを始動し、外食における野菜摂取の向上に力を入れています。
今回の調査では、シーザーサラダに限らず、20代、30代の人が普段からどの程度サラダを食べているのかも調査しました。「普段サラダは食べていますか?」の質問に対して、「毎食必ず摂るように意識している」「1日1回は摂る」を含めて、週4~5回以上の頻度でサラダを食べる男性は約6割に上り、野菜摂取の頻度は同世代の女性よりも高いという結果となりました。

 

 


デート、合コン、記念日、普段の食事・・・
悩んだときにはシーザーサラダ!(シチュエーションごとのサラダランキング

今回の調査では、20代、30代の人が、シチュエーションごとにどのようなサラダを選ぶのかも調査しました。「シーザーサラダ」をはじめ、「和風サラダ」「中華サラダ」「ポテトサラダ」「バーニャカウダ」など、8種類のサラダおよび、「その他」から選択してもらったところ、質問した10のシチュエーションのうち、「家での普段の食事」を除く、9のシチュエーションで「シーザーサラダ」が1位という結果でした。特に、デート、合コン、記念日では、2位以下のサラダを大きく引き離す結果となっています。このことからも、シーザーサラダがさまざまな場面に合うメニューとして浸透していることが裏づけられました。

 


※本リリースの調査結果・グラフをご利用いただく際は、【キユーピー調べ】とご明記ください。



「シーザーサラダHAPPYチャレンジ!」開催中

 

キユーピーでは、外食での野菜摂取を応援する「MOTTO VEGE」プロジェクトの一環として、全国のキャンペーン参加店舗で「シーザーサラダHAPPYチャレンジ!」を開催しています。このキャンペーンは、店頭でシーザーサラダを注文するともらえるスクラッチくじから、7月19日(火)の10時までに専用サイトにアクセスすると、抽選で電子ギフト券がもらえるものです。
※スクラッチくじがなくなり次第、キャンペーンは終了となります。実施状況は各店舗へ直接お問い合わせください。

キャンペーンサイト:http://pr.gnavi.co.jp/promo/mottovege-campaign/
MOTTO VEGEサイト:http://pr.gnavi.co.jp/promo/mottovege/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キユーピー株式会社 >
  3. 7月4日は“シーザーサラダの日”「シーザーサラダの意識調査」報告