食材王国みやぎより、“新たなプレミアム米”が誕生!2018年秋に本格デビューの極良食味品種「だて正夢」

“食味の良さ”と「もっちり」した“粘り強さ”が特徴だて正夢、ひとめぼれ、ササニシキ、さらには金のいぶきを加えた特色豊かなラインナップで、新生「米どころ宮城」誕生!

宮城県は、2018年度の本格デビューを予定しているプレミアム米「東北210号」の名称が決定いたしました。

※名称発表会当日の様子
 

※村井嘉浩宮城県知事が 実際に書いた色紙です。

この度決定した東北210号の名称は「だて正夢」。この名称を考案したのは、クリエイティブディレクターの谷山雅計(たにやま まさかず)氏。「だて正夢」を全国の皆さまに強力に発信するために、日本を代表するトップクリエイターにお願いいたしました。

谷山氏からは、『みやぎ米の夢をかなえた真のおいしさ、というストレートなネーミングであるとともに、名将「伊達政宗公」の名前を連想させるシンボル性、話題性をかねそなえています。まさに、日本の食卓の「天下」をめざす新進気鋭のブランド米です。』とのコメントを頂いております。

またさらに、これから企画検討をスタートする新名称ロゴならびに米袋デザインも、豊富な代表作を持つアートディレクターの水口克夫(みずぐち かつお)氏にご依頼しております。

【だて正夢について】
「だて正夢」は、宮城県の北部に位置する宮城県古川農業試験場で育成され、2016年3月に宮城県水稲奨励品種に指定した極良食味品種で、2018年度の本格デビューに向け、準備を進めています。

最大の特徴は、アミロース含有率10%程度の低アミロース米による、“食味の良さ”と「もっちり」した“粘り強さ”。炊きたてでの食味はもちろん、特に放冷した状態で味(甘み、舌触り)や粘りの評価が高いことです。これまで、1963年に奨励品種に採用した「ササニシキ」、1991年に採用された「ひとめぼれ」が、宮城県の主力品種として普及を図ってきましたが、近年、良食味品種の育成・ブランド化が全国で盛んに行われ、産地間競争が激化している中、本県産米も時代のニーズにお応えできる、新しい品種を開発いたしました。
 


≪炊き方のポイント≫
加水量は、ひとめぼれ等一般のお米に比べて、2割程度減らしてください。
(目安)だて正夢  ~ お米1合に対して水180g(cc) ひとめぼれ ~ お米1合に対して水225g(cc)

【名称作成&ロゴ、米袋デザイン担当者プロフィール】

クリエイティブディレクター・コピーライター
谷山 雅計
有限会社谷山広告  代表取締役社長 

<略歴>
1961年 大阪府生まれ
1984年 東京大学教養学部卒
1984年 博報堂入社
1997年  有限会社谷山広告設立

<主な作品>
「資生堂 TSUBAKI」
「東洋水産 マルちゃん正麺」
「新潮文庫 Yonda?キャンペーン」
「キリンビバレッジ 生茶」 
「東京ガス ガス・バッ・チョ!」など

 

アートディレクタ-
水口 克夫
株式会社Hotchkiss  代表取締役社長 

<略歴>
1964年 石川県金沢市生まれ
1986年 金沢美術工芸大学卒  電通入社
2003年 シンガタ設立に参加
2012年 株式会社Hotchkiss設立

<主な作品>
「NHK 大河ドラマ 真田丸」
「NEC バザールでござーる」
「JR東日本 北陸新幹線開業」
「サントリー BOSS レインボーマウンテン」
「サントリー The MALT’S」など

【新しい「みやぎ米」】

我が県では,皆様に馴染みのある「ひとめぼれ」「ササニシキ」に加え,新品種「だて正夢」さらには,玄米向け用品種「金のいぶき」を品揃えし,新しい「みやぎ米」として皆様の食卓にお届けしたいと考えております。このため,「だて正夢」は,基準に従って栽培できる農家が生産し,さらに出荷段階においてタンパク含量などの品質基準に合格した米を厳選しており,新しい「みやぎ米」のプレミアムブランド米として皆様にご満足頂ける米であると自負しております。皆様にすばらしい食の経験をお届けできる「だて正夢」を御賞味頂くとともに,この「だて正夢」を生み出した宮城県が誇る「ひとめぼれ」「ササニシキ」も,改めてお試しいただければ幸いです。これからの「みやぎ米」にどうぞご期待ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 宮城県農林水産部農産園芸環境課 >
  3. 食材王国みやぎより、“新たなプレミアム米”が誕生!2018年秋に本格デビューの極良食味品種「だて正夢」