SOPHOLA社、AdScale社と戦略的業務提携

―リスティング広告自動最適化サービス「AdScale」の日本国内初となる提供開始―

​長野市で海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供するSOPHOLA株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:飯野 正紀、以下「SOPHOLA」)とAdScale BV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下「AdScale社」)は、本日9月5日にAdScale社のリスティング広告自動最適化サービス「AdScale(アドスケール)」の日本国内におけるサービス提供において戦略的業務提携を締結しました。

長野市で海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供するSOPHOLA株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:飯野 正紀、以下「SOPHOLA」)とAdScale BV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下「AdScale社」)は、本日9月5日にAdScale社のリスティング広告自動最適化サービス「AdScale(アドスケール)」の日本国内におけるサービス提供において戦略的業務提携を締結しました。これにより、SOPHOLAは「AdScale(アドスケール)」の日本国内販売やサービス運用サポートを行い、AdScale社の日本市場進出と拡大を支援いたします。また、2019年夏頃まで、本サービス開発パートナー企業である株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑 治彦、以下「アドフレックス社」)に優先的にサービス提供を行う予定です。
AdScale社は、同社が独自に開発した入札・予算最適化アルゴリズム、自動施策レコメンド、優れたレポート/ダッシュボード機能などにより、リスティング広告主や広告代理店の広告運用工数の大幅な削減とキャンペーンパフォーマンスの飛躍的な改善を可能とするリスティング広告自動最適化サービス「AdScale」を提供しています。現在、欧米を中心に35カ国、数千社以上の広告主に利用され、利用開始2-4週間で開始前と比較して20-40%の獲得効率改善を実現しています。

 


AdScale社の共同創業者兼CEO、ディーデリック・クラッセンは、次のように述べています。
「他のAIスタートアップ企業と同様に、2016年以降、AdScaleは市場進出が容易な欧米に焦点を当ててきました。アジア、特に日本は大きな市場である一方、我々にとって取引経験や人的ネットワークが乏しい市場です。商習慣も異なり、市場進出を成功させるには深い知識と幅広いネットワークが必要となると考えています。
 したがって、同市場において、Google広告やfacebook広告のような運用型広告の経験と知識があり、パートナー企業の日本市場進出の成功実績を豊富に持つ、戦略的パートナーが必要であると結論付けていました。そのパートナー企業がSOPHOLAであると確信しており、既に最初のクライアントのキャンペーンローンチも出来ました。
 これまでのAdScaleサービス利用企業は平均20-40%近くパフォーマンスが改善しており、SOPHOLAとAdScale社が組むことにより、今後サービス提供企業に対して、更に大きな改善が得られると考えています。」

SOPHOLA代表取締役の飯野正紀は、次のように述べています。
「リスティング広告を代表とする運用型広告において、AdScale独自の優れたレポート/ダッシュボート機能や自動施策レコメンド機能(除外キーワード抽出・設定、新規ロングテールキーワード抽出追加など、これまで運用者の多くの工数が必要な施策含む)を利用することにより、国内の広告代理店様や広告主様がこれまで実現出来なかったレベルの大幅な工数削減や飛躍的な成果改善ができると確信し、AdScale社との戦略的業務提携を結ぶことにしました。」

▪️AdScale社について
AdScaleはGoogle広告、Facebook広告などのペイドメディアプラットフォームを最適化するAIツールを提供しています。数理統計モデルや同メディアに関するノウハウと直感的に分かりやすいユーザーインターフェースを組み合わせ、広告効果の改善を図っています。

会社名:AdScale BV
所在地:Eindhoven, The Netherlands
代表者:Diederik Klaassen

▪️アドフレックス社について
2008年3月の創業以来、ダイレクトマーケティング実施企業に向けたインターネット広告支援を主力事業として、 顧客企業のニーズに応じて、マーケティングプランの策定から、クリエイティブ制作、媒体選定・買付・出稿、効果 測定・改善までを、迅速に実行することを強みとしている。2015年2月の株式会社アサツーディ・ケイとの業務提携・共同事業の立ち上げ、2017年3月の株式会社トライステージの当社の子会社化により、WEBと既存メディアとを連動させたサービスの提供や独自のWEB広告の知見による顧客企業の収益のスケール化など、 B2B事業においてビジネスを展開させている。

会社名:株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ
所在地:東京都港区
代表者:代表取締役 桑畑治彦

▪️SOPHOLAについて
東京、名古屋、大阪圏などの大都市圏ではまだ深刻化していない、地方の過疎化、職人の高齢化、海外への魅力発信などの日本の社会課題に民間企業としていち早く取り組み、課題解決に有効なビジネスを創るために2018年4月創業、5月営業開始。海外の最先端マーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを中心としたコンサルティング/アウトソーシング事業と海外向けのB2Bネット通販事業を主軸事業として、先ずは長野県で上記の日本の3つの社会課題解決のビジネスを展開している。

会社名:SOPHOLA株式会社
所在地:長野県長野市
代表者:代表取締役 飯野正紀

<<本件に関するお問い合わせ先>>
SOPHOLA株式会社 
TEL:026-217-2720
Email: corporate@sophola.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SOPHOLA株式会社 >
  3. SOPHOLA社、AdScale社と戦略的業務提携