この冬、ボーナスで買いたい「高級ブランドアウター」調査結果

働き方の変化と共に変化している アウトドアメーカーがランクイン!!

経営ビジョンに「もう一度、愛着の持てる豊かな世の中へ」を掲げ、洋服の買取&販売を手掛けている株式会社スタンディングポイント(本社:東京都大田区、代表取締役社長:若森寛)は、「ボーナスで買いたい高級ブランドアウター」についてインターネット調査(男女計206名を対象)を行いましたのでお知らせいたします。

アウトドア勢が上位にランクイン
多くのメディアや雑誌に掲載されている「モンクレール」「カナダグース」「タトラス」等の高級ダウンメーカーを始め、「ザ・ノース・フェイス」「パタゴニア」「ウールリッチ」など、定番人気の老舗アウトドアブランドが上位にランクインされています。​ここ最近、メンズのXSやSサイズ、キッズのXLやXXLサイズなど、1つ上のサイズ(オーバーサイズ)を選び、肩を落として着るスタイルが女性に人気である事もランクインの要因であると考えられています。また、王道である欧州高級ブランドの「シャネル」「マックスマーラ」等は変わらず不動の人気である他、2015年にアレッサンドロ・ミケーレ氏がクリエイティブ・ディレクターに就任した新生「グッチ」もミレニアル世代から富裕層まで支持されているせいか、上位にランクインしています。
 


背景に仕事で着る服の変化あり
アウトドアメーカーや高級ダウンメーカーのランクインの背景として、昨今、通勤時に見かけるリュック姿の男性に始まり、普段着での通勤や仕事を推奨する企業が年々増えている傾向があります。スーツを着用しないビジネスパーソンのセットアップにスニーカー等のカジュアルな服装やオフの時にも合わせやすい兼用できる事が人気を集めている要因と考えられます。

買い替えに伴い、着られないアウターのゆくえ
買い替えと共に必ずといって出てくる、もう着る事がなくなるかもしれない洋服。この「着る予定のない洋服」について、どのようにされているのか、対象者を変えず、アンケート調査を実施いたしました。

られなくなったアウターはどうしているのか
今回の調査では、「リサイクルショップで売る」と答えた方が35%にのぼり、換金する手法としては最も多い結果となりました。次いで「オークションやフリマアプリで売る」と答えた方が33.0%と続き、インターネット上での個人間取引の市場も拡大しています。一方、今回の調査では、「処分する」と答え方が47.6%、「たんすやクローゼットで保管し続ける」と答えた方が26.7%にものぼり、まだまだリユースをご利用されていない方やご家庭で滞留している在庫など、未開拓なマーケットも大きく存在している事から、ファッションに関するリユース市場の更なる拡大が期待されています。
 
処分する 47.0%
リサイクルショップで売る 35.0%
オークションやフリマアプリで売る 33.0%
家族や友人に譲る 31.1%
たんすやクローゼットで保管し続ける 26.7%
中古品買取サイトで売る 16.5%
寄付する 4.9%


■調査概要

調査内容  : 冬のボーナスで買いたいアウターに関する調査
調査期間  : 2018年11月15日(木)~10月17日(土)
調査方法  : インターネットアンケート
有効回答数 : 206名
ターゲット : 男性20-59才・女性20-59才

■株式会社スタンディングポイント 概要
本社所在地:東京都大田区下丸子2-24-26
会社設立:2006年04月03日(創立2001年8月8日)
代表取締役社長:若森 寛
URL :https://www.style-eco.com(屋号:エコスタイル)
事業内容:新しい古いの概念を超えるメゾンやブランドのリユース事業

■本件に関する問い合わせ
株式会社スタンディングポイント 広報担当 小坂・鈴木
MAIL:honsha@standingpoint.co.jp
直通ダイヤル:03-6680-2052
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スタンディングポイント >
  3. この冬、ボーナスで買いたい「高級ブランドアウター」調査結果