アメリカ西海岸発祥のファーストフード、“寿司ブリトー”業界初専門店「beeat Sushi Burrito Tokyo」

AIが価格を決めて接客、店舗から行列を無くす未来の飲食店

2018年11月26日
株式会社ユーボ(本社:東京都千代田区、代表:佐藤丈彦)は2018年11月30日、秋葉原に業界初の寿司ブリトー専門店のオートメーションレストラン「beeat sushi burrito Tokyo(以下、beeat)」をオープンします。
URL https://beeat.jp
 



■世界の食文化を融合した、日本初の専門店“寿司ブリトー”
寿司ブリトーは、日本の巻き寿司とメキシコのブリトーのスタイルを融合した、アメリカ西海岸発祥のファーストフードです。寿司を醤油もつけず、歩きながら片手でブリトーのように食べるというスタイルを確立し、いまやヨーロッパ、オーストラリア、中東にまで広まっていて、今回専門店として、日本で初めてオープンします。

■AIが価格を決める
寿司ブリトーの価格設定はすべて時価となります。その日のメニューの素材や購入の時間帯などの条件によって、AIが価格(780円〜1,300円)を決めます。

■店舗から行列を無くすことをAIで可能にする、オートメーションンレストラン
beeatの店舗内はレジスターや注文を受ける店員はいません。テクノロジーを活用することで、忙しい方でもすぐに食事を楽しめるよう、簡単に、そしてスピーディーに注文・受け取りが可能です。来店前に事前注文することで出来上がりの時間が分かり、時間指定も行えるため、待ち時間はありません。
受け取り時には、格子状の棚に2次元バーコードのついたパッケージが置かれ、自分の名前がAIによりアナウンスされます。店舗内は光とデジタルの演出であふれています。
 




■ミシュランシェフ水口一義氏監修のもと、素材と組み合せにこだわりぬいた寿司ブリトー
beeatの寿司ブリトーは、マグロ、サーモンの生ものはもとより、フライドチキンやカレー、オマールエビなど多種多様な素材を使用し11種類もの味を楽しめるようになっています。ミシュランシェフ水口一義監修のもと、構成・素材にこだわりぬいた洗練された寿司ブリトーは他と一線を画す味わいです。

監修シェフ 水口一義 プロフィール


武蔵野調理師専門学校を卒業後、フランス料理の世界へ。
有名ホテルで経験を積み、1995年に若干31歳でシェフに就任。

1995年「フランス食品振興会主催(SOPEXA)フランス料理コンクール」でグランプリに輝く。1997年、フランス料理の世界大会「ボキューズ・ドール」に日本代表として出場。2000年よりハウスウェディングという新しいコンセプトの基でウェディング料理を考案。

■店舗情報
・店舗名 beeat Sushi Buritto Tokyo
・住所 東京都千代田区外神田5-6-2
・営業時間 11時〜15時
・website https://beeat.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ユーボ >
  3. アメリカ西海岸発祥のファーストフード、“寿司ブリトー”業界初専門店「beeat Sushi Burrito Tokyo」