【新サービス】マーケティングと広告のデータ活用を民主化するSaaS型サービス「Databeat(データビート)」のβ版を2月19日より提供開始

Databeatはデジタルマーケティングを実施する全ての企業の、データ・ドリブン・マーケティングの基盤となる、カスタマーデータプラットフォームです。

スタートアップでマーケティングテクノロジーの企画・開発・運営を行うアジト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林 康頼、以下アジト)は、マーケティングと広告のデータを一元管理することで、マーケティングの効率化と大幅な工数削減を実現し、企業のビジネス成長を支援するカスタマーデータプラットフォーム「Databeat」のβ版を2019年2月19日より提供開始いたしました。

Databeatサービスサイト:https://www.data-be.at


■ 開発背景
世界のデジタル広告費の成長率(※1)は、2018年に13.8%、2019年に12.0%、2020年に10.8%と、二桁成長が続く見通しで、2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は38.5%となり、初めてテレビ広告費の35.4%を上回ることになり、その割合は2019年には41.4%、2020年には43.8%とさらに伸長していく見通しです。日本のインターネット広告費(※2)も、2017年で1兆2,206億円まで成長しており、マーケティングにおけるデジタル化とデータを活用したマーケティング、データ・ドリブン・マーケティングの重要性がさらに高まると予測されます。

ですが、データ・ドリブン・マーケティングを実現するために必要なデータの活用インフラが十分に整備されていないのが現状です。この問題に対して、アジトではデジタルマーケティングを実施する全ての企業に対して、データ・ドリブン・マーケティングの基盤となるサービスを提供するためDatabeatを開発しました。
※1 出典:株式会社電通「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」
※2 出典:株式会社電通「2017年 日本の広告費」


■ サービスの特徴
データ・ドリブン・マーケティングの実現に向けて課題であった、データの抽出・更新・集計・可視化を自動化します。マーケター自らが、見たい時に見たいデータを出力し、データの活用が行える環境を提供します。

<Data Connect(データコネクト)>
様々なデータソースから必要なデータを自動で収集、一元管理します。

<Data Feed(データフィード)>
収集したマーケティングデータは、外部連携サービスに出力することができ、活用の場所を選びません。



■ サービスの概要

 


<Collect & Organize>
API等によりデータを自動で収集・蓄積します。 マーケティングに関わるデータを一元管理するので、データ更新・集計作業の工数が大幅に削減されます。



 


<Report & Feed>
各社のオペレーションに合わせて、様々なフォーマットで柔軟なデータ出力を実現します。



 


<Visualize & Analyze>
マーケター自らが必要な時に必要なデータを閲覧・分析することができます。それにより、データ可視化工数が大幅に削減されます。





※記載されている会社名、製品・サービス名、ロゴは各社の登録商標または商標です。


■ アジト株式会社について
アジトは、2018年9月に創業したスタートアップで、カスタマーデータプラットフォーム「Databeat」を提供する、マーケティング テクノロジー カンパニーです。
会社名 :アジト株式会社
代表者 :代表取締役CEO 林 康頼
所在地 :東京都千代田区丸の内一丁目6番5号 丸の内北口ビルディング9階 Wework
設立日 :2018年9月
事業内容:マーケティングテクノロジーの企画・開発・運営
URL  :https://www.data-be.at/about

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アジト株式会社 >
  3. 【新サービス】マーケティングと広告のデータ活用を民主化するSaaS型サービス「Databeat(データビート)」のβ版を2月19日より提供開始