日本初上陸!!「物が壊せるサービス」REEASTROOMの1号店を浅草で5月1日よりオープン!

株式会社BrickWall(本社:東京都新宿区、代表取締役:河東誠/以下、当社)は5月1日(水)から、国内屈指の観光名所である浅草(東京都台東区駒形1丁目)で、日本初上陸の「物が壊せる新感覚エンターテイメントサービス」REEASTROOM(リーストルーム)の1号店目をオープンします。

 

 

日本初上陸の「物が壊せる新感覚エンターテイメントサービス」REEASTROOM(リーストルーム)では、利用者は2,500円〜6,000円の料金を支払い、怪我が発生しないようにヘルメット、つなぎ、手袋、安全靴などの防具を身に纏い、部屋に置いてある食器、空き瓶、小型プリンターなどの家電をバットなどで叩き壊したり、投げて壊すことができます。
 


■世界で30店舗以上が展開されている日本未上陸のサービス
物が壊せるサービスは、2008年に「ANGER ROOM(怒りの部屋)」という名前で、アメリカの女性起業家が自宅のガレージで始めたのが起源と言われています。
2016年〜2019年現在にかけて、圧倒的な爽快感が得られる新感覚エンターテイメントの一つとしてアメリカで人気に火がつきました。
その後アメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポールなど世界各国で約30店舗以上が展開されておりますが、日本では0店舗で、日本未上陸の新感覚エンターテイメントサービスとなります。

REEAST ROOM(リーストルーム)ロゴ:Reease of Beast(野獣を解放しろ)の造語REEAST ROOM(リーストルーム)ロゴ:Reease of Beast(野獣を解放しろ)の造語

■コンセプトは「本能的自我が表現できる空間」
当社は、この日本初の新感覚エンターテイメントサービスを、「本能的自我が表現できる空間」と定義しており、誰でも一度は思ったことがある「やってはいけないことがしたい」という本能的欲求を満たすことが許される唯一の空間を創造し続けます。
また、日本有数の観光名所であり、エリア全体が非日常空間と化している浅草にオープンすることで、多くの国内旅行者、訪日旅行者に対して、よりシゲキがある非日常体験を提供していきます。


■壁いっぱいに落書きができる「Free Art Wall Project」を5月1日オープンと同時に始動

上記のコンセプトに基づき、日常ではやってはいけない落書きを壁いっぱいに自由に多彩な色を使用して描くことができるFree Art Wall Projectを5月1日オープンと同時に開催いたします。
参加者は幼少期にクレヨンで壁に落書きしたように店舗内のペイント部分に自由になんでも描くことができ、「一般客は店舗内装に関与できない」という通例を壊し、店舗作りを一般客と共創していきます。

■ 店舗情報
名称: REEAST ROOM(リーストルーム)
住所:〒111-0043 東京都台東区駒形1丁目2-13 B1
電話番号:080-6954-5949
営業時間:10:00-22:00
定休日:なし
URL:https://reeastroom.com (スマートフォン版)

運営会社:株式会社BrickWall

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BrickWall >
  3. 日本初上陸!!「物が壊せるサービス」REEASTROOMの1号店を浅草で5月1日よりオープン!