こんにゃく製造の画期的特許技術を活用 藤清が「味しみ贅沢」:「ちぢこん」と「板こん」を新発売

株式会社藤清(ふじせい、社長・嶋川賢一、本社・京都府城陽市)は、特許製法で作った、糸こんにゃく「味しみ贅沢 ちぢこん」と、板こんにゃく「味しみ贅沢 板こん」を、2020年8月17日から新発売します。藤清と月桂冠が共同開発した特許製法「ちぢれ風製法」により製造(特許 第67000467号)。国産こんにゃく粉を100%使用し、タレなどの調味料の味しみが良い商品です。

糸こんにゃく「味しみ贅沢 ちぢこん」は、1本の糸こんにゃくに2本の細い糸こんにゃくを巻き付ける「ちぢれ風製法」により製造。「ちぢこん」を炊くと、糸こんにゃくがちぢれ風に仕上がり、タレ絡みが抜群になります(通常の糸こんにゃくよりも調味料の味しみが25%アップ)。板こんにゃく「味しみ贅沢 板こん」は、ひと晩、地下水で寝かせた「ちぢこん」を、板こんにゃくに混ぜ込んだ商品です。調理前のアク抜きが不要で、混ぜ込んだ「ちぢこん」により味しみが抜群になります。

「味しみ贅沢 ちぢこん」「味しみ贅沢 板こん」の商品開発は、こんにゃく業界積年の「味がなかなかしみこまない」「アク抜きしなければならない」といった課題を、「ちぢれ風製法」を応用して解決した画期的な成果となりました。タレ絡み、味しみが良く美味しいこんにゃくを、家庭用、業務用などで幅広くご活用いただくことを期待しています。糸こんにゃく「味しみ贅沢 ちぢこん」は、1本の糸こんにゃくに2本の細い糸こんにゃくを巻き付ける「ちぢれ風製法」により製造。「ちぢこん」を炊くと、糸こんにゃくがちぢれ風に仕上がり、タレ絡みが抜群になります(通常の糸こんにゃくよりも調味料の味しみが25%アップ)。板こんにゃく「味しみ贅沢 板こん」は、ひと晩、地下水で寝かせた「ちぢこん」を、板こんにゃくに混ぜ込んだ商品です。調理前のアク抜きが不要で、混ぜ込んだ「ちぢこん」により味しみが抜群になります。

「味しみ贅沢 ちぢこん」「味しみ贅沢 板こん」の商品開発は、こんにゃく業界積年の「味がなかなかしみこまない」「アク抜きしなければならない」といった課題を、「ちぢれ風製法」を応用して解決した画期的な成果となりました。タレ絡み、味しみが良く美味しいこんにゃくを、家庭用、業務用などで幅広くご活用いただくことを期待しています。

<調理例>

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 









 

 

 


<商品概要>

商品名:味しみ贅沢 ちぢこん
内容量:200g
価格:オープン価格
発売日/地域:2020年8月17日/全国
-----
商品名:味しみ贅沢 板こん
内容量:250g
価格:オープン価格
発売日/地域:2020年8月17日/全国
 

<会社概要>
◆株式会社藤清(ふじせい)
・創業:1905(明治38)年7月 ※2009(平成21)年3月に月桂冠グループ入り
・本社所在地 :京都府城陽市奈島フケ8番地
・資本金:1,300万円
・従業員数 :60名 ※  2020年4月1日現在、パート・アルバイト含む
・代表者:代表取締役 社長 嶋川賢一
・主な事業:蒟蒻、豆乳、湯葉、ところてん、かんてん、うどんだし等の製造販売
・売上高:6.6億円(2020年3月期)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社藤清 >
  3. こんにゃく製造の画期的特許技術を活用 藤清が「味しみ贅沢」:「ちぢこん」と「板こん」を新発売